ソフトバンクロボティクス、飲食店向け配膳・運搬ロボット「Servi」を発表

ソフトバンクロボティクス株式会社は、飲食店やホテル・旅館、小売店などで従業員と共に働くことを目的に開発された配膳・運搬ロボット「Servi」を2021年1月より販売開始予定と発表した。
ソフトバンクロボティクス、飲食店向け配膳・運搬ロボット「Servi」を発表
Serviは、配膳ロボットで実績とノウハウを持つBear Robotics, Inc.とのパートナーシップをベースに作られたロボットである。3DカメラやLiDARなどの各種センサーを装備しているため、スムーズかつ安全な移動を実現する。前方死角なしで人は勿論、靴やかばんなど小さな物も避け、料理などを安定的に運ぶ。60cmの通路も通り抜け可能で、人とのすれ違いもスムーズに実現するという。

また、テーブルや天井に目印などを設置する必要がないため容易に導入できる。目的地を選んでタップすると指定した場所へ自動で移動する。配膳・運搬後は重量センサーが料理などが取られたことを検知し自動で戻る。

さらに、360°どこからでも料理などの運搬物を載せられ、総積載量も35kgと重い食器や複数の料理なども一度に配膳することが可能だ。そのほか、複数目的地の巡回機能で商品の訴求をしたり遠隔操作も可能など、お店のシチュエーションに合わせて活用できる。

Serviの開発において飲食店で実証実験を行った結果、従業員の接客時間が2倍増加した。上記の機能と実証実験結果から、飲食店ホールスタッフの大きな負担だったキッチンとホールの往復作業などを削減でき、より多くの時間を接客などに充てることができるので、業務効率を最大化しながらサービス品質の向上に寄与する。また、ニューノーマルの時代に、来店客との直接的な接触を削減させる使い方も可能だ。

なお、Serviの価格は3年レンタルプランで月額99,800円(税別)となっており、一般販売に先立ち、株式会社物語コーポレーションで300店以上の導入が決定している。

Previous

IDC、国内IoT市場でソフトウェア/サービスの支出割合は2024年までに6割を超えると予測

MONET、MaaSのシステム開発用に各種APIを提供する「MONETマーケットプレイス」を発表

Next