シエラ・ワイヤレスの次世代組み込み型モジュールが、モノのインターネット向けにデバイス/クラウド間の統合型アーキテクチャーを提供

パリ–(BUSINESS WIRE)—-(ビジネスワイヤ)–シエラ・ワイヤレス(NASDAQ:SWIR)(TSX:SW)は6月22日、次世代スマートワイヤレスモジュールのAirPrime® WPシリーズを発表した。

システムの複雑性を低減し、モノのインターネット向けにネットワーク接続した製品やアプリケーションを迅速に開発できる設計となっている。

 

シエラ・ワイヤレス組み込みソリューション部門担当バイスプレジデントのダン・シーラーは、次のように述べている。

「新モジュールのAirPrime WPシリーズのリリースで、強力に統合されたデバイス/クラウド間のアーキテクチャーを提供して、当社のお客さまがより簡単に革新できるようにしました。 最新モジュールのWPシリーズは、オープンソースのLegato™プラットフォームで動作するアプリケーションプロセッサーを搭載し、機器とアプリケーションの管理にAirVantage®クラウドを利用できるほか、新しいオープンハードウエア参照設計を備えています。このため開発者は、単独モジュールを使って迅速に接続型製品を開発し、あらゆるアプリケーションを動作させることができます。」

 

WPシリーズは、AirPrime HLシリーズと交換可能で、サイズも完全に適合する。

3Gと4G LTEタイプがあるほか、一部モジュールは2Gフォールバック機能を備えている。

新モジュールのWPシリーズはHLシリーズ同様、半田付けで固定したり、ソケットと利用したりできるので、製造と在庫管理を柔軟に行なえる。

シエラ・ワイヤレスはWPとHLの両シリーズの製品ラインで、CF3™(common flexible form factor)という名称のフォームファクターを複数世代にわたってサポートするため、数年かけて導入予定の顧客に安全な移行手段を提供している。

 

次世代AirPrime WPシリーズは、常時接続よりも電力管理を優先する必要があるアプリケーション向けに、業界トップクラスの超低電力モードを提供している。

このディープスリープモードは、常時接続が不要な太陽電池式またはバッテリー式の産業アプリケーションに理想的で、これまで実用的でなかった新たなセルラー接続アプリケーションの可能性が開かれる。

 

OEMと開発者にとって、プロセッサーや機器ソフトウェアに無線機能を統合するのは、複雑で時間のかかる作業だが、地域ごとや製品世代ごとに修正が必要な場合はなおさらだ。位置ベースのサービスが必要な場合は、全地球航法衛星システム(GNSS)レシーバーも統合しなければならない。

さらに無線接続によるデータ、接続されている資産、その位置を集約し、企業アプリケーションに送信する必要がある。

 

次世代AirPrime WPシリーズは、こうしたすべての課題に対応できるように設計されている。

プロセッサーとGNSSレシーバーを統合しているため、部品数を減らし、開発者が統合に要する時間とコストを削減できる。

本モジュールのプロセッサーで動作するリナックスベースのLegatoプラットフォームは、セルラーネットワークでモジュールを通信可能にするためのモデムサービスに加え、アプリケーションフレームワークと安全な処理スペースを提供し、他社製アプリケーションを利用できるようにしている。

AirPrime WPモジュールは、Legatoを通じてAirVantageクラウドと予め統合してあるため、導入後は機器および機器データの設定・管理をシンプルかつ安全に行なえる。

 

新しいAirPrime WPシリーズ、そしてパリのシエラ・ワイヤレス・インベーション・サミットで発表されたオープンハードウエア参照設計(プロジェクターmangOH™)、IoTコネクターオープンインターフェース標準についての詳細情報は、下記を参照。

http://www.sierrawireless.com/WP_launch

 

シエラ・ワイヤレスの販売窓口へのお問合せは、下記を参照。

TEL : +1-877-687-7795

HP : http://www.sierrawireless.com/sales

 

シエラ・ワイヤレスについて

シエラ・ワイヤレス(NASDAQ:SWIR)(TSX:SW)は、インテリジェントな無線ソリューションでモノのインターネットを作り出し、組織が接続された世界で革新を行えるように支援している。

業界で最も包括的な2G、3G、4Gの組み込みモジュールとゲートウェイのポートフォリオを提供しており、これらの製品はシエラ・ワイヤレスのセキュアなクラウドサービスや接続サービスとシームレスに統合できる。

世界中のOEMと企業は、ネットワーク接続した製品やサービスを市場に素早く投入するために、当社の革新的ソリューションに信頼を寄せている。

シエラ・ワイヤレスは世界各地に950人以上の従業員を抱え、北米、欧州、アジアで研究開発センターを運営している。

http://www.sierrawireless.com/

AirPrime、Legato、AirVantage、CF3、mangOHはシエラ・ワイヤレスの商標。本リリースで言及するその他の製品とサービス名は、それぞれの所有者の商標である可能性がある。

 

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには将来見通しに関する記述が含まれ、それらの記述にはリスクおよび不確定要素が含まれている。

そうした将来見通しに関する記述に関連した内容として、特にシエラ・ワイヤレスのサービスや製品の導入および機能強化に関する計画や時期、将来の市場状況、供給状況、流通経路やエンドユーザーからの需要状況、売上高、粗利益率、営業費用、利益、その他の予想事項、意向、計画など、このプレスリリースには含まれながら歴史的事実ではない事項がある。

将来の売上高と利益に関するシエラ・ワイヤレスの予想は、シエラ・ワイヤレスの能力として、現在のところシエラ・ワイヤレスが製造しておらず、規定された仕様を満たす製品をシエラ・ワイヤレスが首尾よく開発・製造・供給する能力に一部依存している。

このプレスリリースの中で、「計画する」、「予想する」、「考える」、その他類似の表現が使われた場合、それらの表現は通常、将来見通しに関する記述を表している。

それらの記述はシエラ・ワイヤレスの現在の予想を反映している。それらの記述は、技術の変化やワイヤレスデータ通信市場の変化など、多くのリスクや不確定要素の影響を受けるが、これらに限定されるわけではない。

ワイヤレスデータ通信市場を取り巻く多くのリスクや不確定要素を踏まえ、このプレスリリースに含まれる将来見通しに関する記述が現実化すると、当社が確約できないことを読者は理解する必要がある。

 

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

 

【お問い合わせ】

Sierra Wireless
Sharlene Myers, +1-604-232-1445
pr@sierrawireless.com

 

【関連リンク】

ビジネスワイヤ

Previous

ファーウェイ、IoT企業などを買収し英国における対GDP貢献額が9.56億ポンド(約1,840億円)に達する

みずほ銀行 ウェアラブルデバイスを活用した本格的な銀行サービス提供開始

Next