ブルーイノベーションと京セラ、5G通信デバイスを利用したドローン新規ソリューションを共同開発

ブルーイノベーション株式会社と京セラ株式会社は、ブルーイノベーションが開発した複数のドローンやロボットを制御・管理するシステムプラットフォームBEP(Blue Earth Platform)と、京セラが通信機器事業で培ってきた無線通信端末技術を融合させて、ドローン分野での新たなソリューションを共同開発した。

同ソリューションでは、京セラが開発する5Gコネクティングデバイスを活用して、ドローンやドローンポートに設置したカメラや各種センサーの情報をブルーイノベーションのBEPへ伝送することで、さまざまなソリューションを実現する。

5Gコネクティングデバイスはドローンやロボットに搭載可能な小型の通信端末で、5G通信により高速大容量・多接続でセンサーの情報をサーバーへ伝送することができる。ブルーイノベーションのBEPの特長である「複数台の飛行・群制御」「非GPS環境下での自己位置推定技術」「物流用ドローンポートの運行管理」「AI解析連携」を用いることで、センサーからの大容量の情報を活用して安全なドローンの飛行や効率的な業務フローを実現する。

また、プラント点検において、同ソリューションはドローンで撮影した映像をリアルタイムでサーバーへ伝送し安全に格納しつつ、AIなどで解析した結果を現場の点検員へ伝送することができる。これにより、プラント点検時の「ドローンで撮影した映像を安全に管理したい」「その場で点検結果を確認したい」というニーズに貢献する。

さらに、物流においては、ドローンの離発着エリアであるドローンポート周辺の安全性の確保や、ドローンの飛行状態の監視が求められている中、同ソリューションではドローンポート周囲を監視しているカメラの映像をリアルタイムで航空管制室へ伝送するほか、AIで周囲の安全性を解析したりすることでドローンの離着陸の安全性を確保する。
ブルーイノベーションと京セラ、5G通信デバイスを利用したドローン新規ソリューションを共同開発
今後両社は、秋からプラント点検及び物流の各ソリューションで実証実験を実施する予定としている。

Previous

JVCケンウッド、岩崎通信機との協業によりエッジAIカメラとメーター自動読取ソフトウェアの連携ソリューションの提供を開始

リコー、センシングとクラウド管理で快適なワークプレイスを省エネと同時に実現する「RICOH Smart MES 照明・空調制御システム」を全国展開開始

Next