住友ゴムと新出光他3社、タイヤ空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始

タイヤの空気圧不足はパンクの原因の一つであるとともに、燃費や走行性能の低下にもつながることから、定期的なメンテナンスが重要である。また、自動運転の普及によるドライバーレス社会では、今まで以上にメンテナンスフリーが求められている。

住友ゴム工業株式会社とトライポッドワークス株式会社、ダンロップタイヤ九州株式会社、株式会社新出光およびそのグループ会社である株式会社イデックスオート・ジャパンが協業して、タイヤの空気圧や温度をリモート監視することができる空気圧管理ソリューションサービスの実証実験を開始した。

今回開始した実証実験は、新出光の車両リース事業である「ラクのり」の車両30台およびイデックスオート・ジャパンのレンタカー事業である「Budgetレンタカー」の車両500台に対して、タイヤの空気圧や温度をリモート監視できるサービスを福岡県、宮崎県および鹿児島県で行い、その効果を検証するものである。

タイヤに装着したTPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)で得た情報はクラウドを通じて確認が可能なほか、メンテナンス作業の負荷を軽減するだけでなく適正な空気圧維持によって走行時の燃費向上につながるなど、安全な走行に貢献する。

また、ラクのり契約者様には最新の測定値を「ラクのり お客さま専用マイページ」で閲覧できるようにすることで、サービス全体の質と利便性の向上を検証する。

同実証実験で安全運転をサポートするサービスとしての有効性、メンテナンス時間短縮、作業負荷軽減、作業ミス防止等の具体的な効果を検証し、安全性、経済性の向上に貢献するビジネスモデル構築を図る。

Previous

三菱電機、鉄道車両向けの「故障予兆検知システム」を開発

マカフィーがコロナ禍でのIT利用やセキュリティに関する調査を実施、36.2%が在宅勤務を経験し18.7%は現在も継続と発表

Next