伊藤忠エネクス、フルサービスCSでの「スマホ給油」の概念実証を開始

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けてソーシャルディスタンスが求められている中、CSにおいても対面による接客が課題となっている。

伊藤忠エネクス株式会社は、2020年3月末より開始している「スマホ給油」(※1)の概念実証について、新たにフルサービスのCS(※2)での概念実証を開始した。

スマホ給油では、来客がスマートフォンアプリから燃料油を注文することができ、来店後に店舗に設置してあるQRコードを読み取るだけでスタッフによる給油が行われる。また、決済もスマートフォンアプリ上で事前に行うため、従来の現金やカードの直接手渡しは不要だ。そのため注文・決済・給油すべて窓を開けることなく完結する。

また、これまでフルサービスCSにおいては「窓ふき」や「ごみ捨て」、「タイヤの空気圧点検」、「車のメンテナンス相談」等、オプションサービスを来客に提供・提案していたが、スマホ給油を利用することでこれらのオプションサービスの必要有無を事前にスマートフォン上で選択することができるため、来客一人ひとりのニーズに沿った接客を行うことができる。

伊藤忠エネクス、フルサービスCSでの「スマホ給油」の概念実証を開始
「スマホ給油」画面イメージ
※1 スマホ給油:NECプラットフォームズ株式会社が開発したシステムを使い、来客がスマートフォンのアプリで「給油」や「洗車」を注文から決済まで可能とするサービス。
※2 CS:カーライフ・ステーションの略。伊藤忠エネクスがご提案する複合サービス給油所。

Previous

京セラ、AI活用技術により自律的な動作を実現する協働ロボット・システムを開発

CAD内で全設計プロセスが完結、他メーカー部品のワンストップ提供も実現した「RAPiD Design」の最新版 ―ミスミFA企業体社長(※) 中川理恵氏インタビュー

Next