ゼネテック、工場設備の稼働モニタリングシステム「GCモニター」を提供開始

株式会社ゼネテックは、工場設備の稼働モニタリングシステム「GCモニター」の提供を2020年10月13日から開始した。

「GCモニター」は、工場内のNC工作機械や設備の運転状況の信号情報を取得し、ゼネテックが開発したIoTプラットフォーム「Surve-i」上で可視化することで、稼働状況を遠隔地から確認することができるシステムである。

「GCモニター」のベースとなっている「Surve-i」は、エンドツーエンドをサポートすることをコンセプトとしていて、IoTに必要なデバイス、ネットワーク、サーバ、アプリケーションを一元的に提供するという。設備の増減に応えるスケーラビリティを持っているため、IoTをスモールスタートさせ、社内での有用性の確認後に拡張していくことも可能だとしている。

NC工作機械や設備からの信号情報は、センサーを利用した稼働モニタリングデバイス「MH-101-A08」で取得する。同デバイスがNC工作機械などの稼働配線から、ON/OFF信号を取得しデジタル変換したのち、クラウドサーバまたはオンプレミスサーバにインストールされた「Surve-i」へ蓄積される。

また、ゼネテックの取扱商品である3Dシミュレーションシステム「FlexSim」に「MH-101-A08」で取得した稼働情報データを入力することで、「FlexSim」内でシミュレーションした内容と現実に取得したデータが比較検討できる。

「FlexSim」とセットで、3か月レンタル期間内で自社のパフォーマンスを確認できる「3か月工場診断パック」も同時に発売するとしている。

Previous

CAD内で全設計プロセスが完結、他メーカー部品のワンストップ提供も実現した「RAPiD Design」の最新版 ―ミスミFA企業体社長(※) 中川理恵氏インタビュー

ソフトバンク、侵入者の発生などの通知や発生時の映像の効率的な確認や混雑度解析が可能な「スマートAIカメラ」を提供開始

Next