ABB、プレス工程自動化向けロボットソリューション「IRB 760PT」を発表

ABBは、自動車製造におけるプレス工程自動化に向けてIRB 760産業用ロボットのラインアップとして「IRB 760PT」を発売する。

IRB 760PTは、IRB 760PTとリニアタイプの7軸を組み合わせたプレス自動化ソリューションである。大/中サイズのパネルを使用するプレス自動化アプリケーションや、部品の再配置、傾斜、部品分離などの特殊工程で必要とされる柔軟性が備わっている。リーチは3.18メートルで、リニア7軸またはTwin Xbarシステムと組み合わせることで連続したプレス加工の間でワークの向きを変える必要がないため、専用の自動化装置への投資コストを削減する。

また、他のロボットベースのプレス自動化ソリューションと比較してサイクルタイムを25%高速化している。ロボットとプレス機の間の潜在的な干渉のリスクを排除するために、ロボットの第4軸の干渉を低減するように設計されている。これにより、ロボットはプレスクランプのような装置に衝突することなく自由に動作でき、作業領域全体およびロボットの移動の自由度を確保した。

さらに、最大450kgまでの可搬重量に対応できるIRB 760PTは、専用のプレス間搬送装置の段替えに伴う時間、コスト、中断回数を削減する。ツールを自動的に変更する機能と併せ、新たな製品を扱う際には迅速に再プログラムすることができる。その際には再エンジニアリングは不要だ。

加えて、2台のIRB 760PTロボットを組み合わせて10軸にてタンデム作業を行う、IRB 760 Twin Robot Xbar(TRX)を組むこともできる。毎分最大16個の部品を生産することができるTRXは、高速プレス自動化アプリケーションに適するという。そのほか、IRB 760PTはABBのコネクテッドサービスを含む3年間の保証パッケージであるRoboCareの対象にもなっており、ABBの専門家がロボットを監視してメンテナンスを提案し、生産性向上に寄与する。

ABB’s new and fastest Press tending robot variant: IRB 760 PT
Previous

富士通とサイバーエージェント、医薬品の安全な配送を実現するオンライン服薬指導向け情報連携プラットフォーム構築に向けた共同実証プロジェクトを開始

NTTデータと東急ハンズ、アバター遠隔接客の実用化に向け東急ハンズ5店舗で実証実験開始

Next