パナソニック、人やモノの位置・動きを見える化する位置情報ソリューション「POSITUS」を発売

近年、オフィスでは働き方改革への対応としてオフィスリニューアルと併せABW(※1)の観点を取り入れたワークスタイルの運用が高まってきている。しかし、室内での人の動きをデータ化することは、ほとんどできていなかった。

パナソニックLSネットワークス株式会社は、オフィスなどの建物内にいる人やモノの位置情報をデータ化するソリューション「POSITUS」を2020年10月30日より発売する。

同システムは、BLE発信ビーコン、専用スキャナ、専用サーバー、ネットワーク機器(PoE HUB)で構成されている。専用スキャナは、PoE HUBからLANケーブル1本で通信し給電もされるため電源工事が不要だ。オフィス内では、BLEをベースとしたビーコンの信号を複数の専用スキャナが受信する。そのビーコンの受信電波強度(RSSI)を専用サーバーで解析し、ビーコン位置を測位する。
パナソニック、人やモノの位置・動きを見える化する位置情報ソリューション「POSITUS」を発売
また、測位された個々のビーコンの位置情報をフロアレイアウト画面へ表示することで、人やモノの位置情報データが表示される。そのデータを基に、スペースの活用度合いや人の交流、未活用スペースなどの見える化が可能となる。

さらに、測位した位置情報の履歴データ1ヵ月分がCSV形式でダウンロードできる。このデータを用いれば、例えば会議室やコミュニケーションエリアの利用状況から最適な活用スペースを検討するといったオフィス運用の改善や、自身の行動の傾向を客観的に把握することで生産性の向上につなげるなど様々な業務改善に活用できる。
パナソニック、人やモノの位置・動きを見える化する位置情報ソリューション「POSITUS」を発売
加えて、他システムと連携できるAPI(※)を標準装備している。同APIを活用すれば、他システム側が人の位置情報をベースとした新しいサービスが提供でき、これまでのオフィス環境をより使いやすく快適にアップデートすることができる。パナソニック、人やモノの位置・動きを見える化する位置情報ソリューション「POSITUS」を発売
同システムにより、社員がオフィスのどのフロアのどの辺りで仕事をしているのか、プロジェクタなどの共通物がどこにあるのか等、所在確認が容易にでき、これまで探すために費やしてきた時間を削減する。パナソニック、人やモノの位置・動きを見える化する位置情報ソリューション「POSITUS」を発売パナソニック、人やモノの位置・動きを見える化する位置情報ソリューション「POSITUS」を発売さらに、ヒートマップ表示にすると場所の混雑状況が表示されるため、オフィス、休憩室やカフェテリアを使用する前に混雑状況が確認できる。パナソニック、人やモノの位置・動きを見える化する位置情報ソリューション「POSITUS」を発売

※1 ABW:ABW Activity-based workingの略。仕事内容に合わせて時間や場所を自由に選択できる働き方のこと。
※2 API:API Application Programming Interfaceの略。外部システムから利用できるようにするソフトウェアインターフェースのこと。

Previous

KOSKA、多品種少量生産の生産状況を見える化し原価管理も可能なIoTサービス「GenKan」正式版をリリース

FAの現場でスマートファクトリーにトライする

Next