パナソニック、顔認証APIエンタープライズエディションとSaaSプラットフォームの提供を開始

働き方改革関連法の施行を契機に勤怠管理ソフト市場は拡大を続けており、さらには新型感染症の拡大を受け、非接触関連技術へのニーズは上昇しオフィスでの入退管理に続き顧客のニーズが顕在化している。

建設や鉄道、物流業界においては、紙ベースでの点呼に伴う業務の煩雑さやなりすましが多いことが指摘されており、さらには業務の特性上、両手を自由に使えることも必要条件である。また、教育業界では、例えば生徒の点呼管理の多くは挙手や手入力が主で、塾運営の効率化が課題となっている。これらの業界では点呼業務の効率化が現場の喫緊の課題となっており、なりすまし防止、人件費削減、効率化、の目的で顔認証の導入を検討する例が増えている。

パナソニック株式会社とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は、新事業「現場センシングソリューション」を立ち上げ、3つの事業戦略である「エッジデバイスの更なる進化」「AI画像センシング技術の先鋭化」「アプリケーション提供プラットフォームの構築」を2020年7月に発表している。

そしてこのほど「アプリケーション提供プラットフォームの構築」を拡充し、様々な開発ニーズに応えるため、顔認証APIエンタープライズエディション及びSaaSプラットフォームの提供を開始した。SaaSプラットフォームでは、まず需要の多い「点呼・勤怠」向けアプリケーションから提供を開始する。

今回提供を開始した顔認証APIエンタープライズエディションでは、2019年11月に発表した顔認証APIスタンダードエディションから以下の性能、機能を向上した。

  1. 顔認証エンジン性能の向上
  2. 顔認証APIエンタープライズエディションではエンジンの性能を向上し、顔認証速度を従来比で最大10倍高速化した。これにより1時間あたりの照合回数が10万回以上になるようなアプリにも対応することが可能となる。また顔認証APIエンタープライズエディションでは、マスク着用時等の顔検出率を従来比で3.1倍、顔認証率を2.2倍向上させた。

  3. 顔画像の保管用ストレージの提供
  4. 顔認証APIスタンダードエディションでは、利用者の顔画像を保持したい場合にその保管場所をパートナー企業が準備する必要があった。顔認証APIエンタープライズエディションでは、顔画像を個人情報の1つとして管理したいパートナー企業は、自社でサーバやストレージを調達することなく、パナソニックが提供するクラウドストレージに保存できるようになる。これにより、システム調達の負荷を軽減する。

    パートナー企業は、例えばAPIを通じて顔画像と住所、メールアドレス、氏名、年齢などの個人情報と紐づけ、パナソニックのクラウド上で一元管理することができ、様々な用途に向けてアプリケーションをすばやく開発することができる。

  5. 顔画像登録時の品質チェック機能の提供
  6. 顔認証APIエンタープライズエディションでは、顔画像の登録時に角度が悪い、向きが不適切、まばたきをしているなどを検知してその情報をAPIのレスポンスで返す、品質チェックの機能を実装した。この機能を使用して、パートナー企業はアプリケーション側で顔画像の再登録をユーザーに促すなどの拡張機能を追加することで、登録画像を高品質に保つことが可能になり、アプリケーションの顔照合精度向上に役立てられるようになる。

    顔認証APIスタンダードエディションではこのような情報をAPIが返さないので、登録に失敗してもどう改善すればいいかアプリケーション開発側には把握ができなかった。

他方、SaaSプラットフォームでは、まず顔認証APIと連動する「点呼・勤怠」管理用アプリケーションを提供する。これにより、パートナー企業の様々なサービスに顔認証を用いた「点呼・勤怠」サービスを容易に組み込むことが可能となる。

また、アプリケーション開発パートナー向けに顔認証管理ポータルも提供する。同顔認証管理ポータルを通じて、各ソフトウェアの登録、更新、削除、課金情報などを管理することが可能になり、APIを通じた開発の利便性を向上する。

さらに、顔照合用のハードウェアを提供するパートナー企業向けに端末用の専用アプリケーションを提供する。これを利用することで顔照合用のハードウェアを提供するパートナー企業は、自社で専用のアプリケーションを開発する必要がなくなる。

パナソニック、顔認証APIエンタープライズエディションとSaaSプラットフォームの提供を開始
「点呼・勤怠」管理用SaaSプラットフォーム 利用イメージ(点呼利用の場合)
パナソニック、顔認証APIエンタープライズエディションとSaaSプラットフォームの提供を開始
「点呼・勤怠」管理用SaaSアプリケーション タブレット画面イメージ
なお、顔認証API及び「点呼・勤怠」管理用SaaSプラットフォームの利用料金は以下の通り。

  • 顔認証APIエンタープライズエディション
  • 月額サービス料金(税別)=登録人数料金+認証回数料金
    (登録人数料金:8円/1人、認証回数料金:1円/回)

  • 顔認証APIスタンダードエディション
  • 月額サービス料金(税別)=登録人数料金+認証回数料金
    (登録人数料金:5円/1人、認証回数料金:1円/回)

  • 「点呼・勤怠」管理用SaaSプラットフォーム
  • 月額サービス料(税別)=登録人数と照合回数に応じた価格テーブルにて提供
    (例)登録人数300人まで、照合回数上限18,000回までの場合:30,000円/月

Previous

ユニアデックス、閉域LTEのスマートフォンで院内通話とナースコールが連携可能なソリューションを開発

セキュアとモルフォ、既存の監視カメラ映像から混雑度をAI解析する「SECURE群衆カウントソリューション」を提供開始

Next