日産とインクリメントP、利用者の行動データの分析を元にした旅行提案サービス「トラベルトリガー」の実証実験を開始

日産自動車株式会社とインクリメントP株式会社は協業して、利用者の行動データの分析を元にした旅行提案サービス「トラベルトリガー」の実証実験を開始した。

トラベルトリガーは、利用者の行動傾向や趣味嗜好に基づく旅行計画をスマートフォンのアプリへ提案するサービスである。

今回の実証実験では、インクリメントP提供の移動距離や歩数に応じてマイルが貯まるポイ活アプリ「トリマ」の会員が旅行時に「下車後どのような立ち寄り観光地や店舗へ行くか」といった行動データを、日産が利用者の趣向やライフスタイルを分析することで、トラベルトリガーの技術的な検証を行う。

また、同実証実験では利用者の車での移動を促進するため、日産の展開するカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」で利用可能なクーポンをトリマの会員に提供し、距離料金の発生しない同サービスの車両を活用して旅行を支援する。

今後トラベルトリガーは、将来的な旅行計画に加え、旅行先での電気自動車充電時などの空き時間を利用し、発見や学びのある立ち寄り先をリアルタイムで提案するサービスへの発展も視野に入れ、開発に取り組むとしている。

Previous

東芝デジタルソリューションズ、「Meister Apps AI画像自動検査パッケージ」の提供を開始

ドコモ、映像伝送・XR・ロボティクス・製造IoT分野における5Gに対応した7パートナーソリューションを提供開始

Next