ソフトバンク・JR九州・東邦電機工業、踏切設備の作動ログを遠隔地から確認するシステムの実証実験を開始

これまで踏切設備の管理者は、踏切設備に設置された情報メモリーからトラブル発生時に通知されるアラートを受けて対象の踏切設備がある現場へ行き、情報メモリーにパソコンを接続して踏切設備の作動ログを確認していた。

そのため、現場で情報メモリーにパソコンを接続するまでは、対象の踏切設備に具体的にどのような事象が発生していたのかを特定することができていなかった。

ソフトバンク株式会社、九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)および東邦電機工業株式会社は、踏切設備の保守の効率化に向けて、踏切設備の作動ログを遠隔地から確認するシステムの実証実験を2020年11月20日から2021年1月31日まで実施する。

同実証実験では、踏切制御装置や警報機、遮断機などの踏切設備の作動ログを取得できる東邦電機工業の情報メモリーに、ソフトバンクのLPWA(Low Power Wide Area)通信モジュール「Type 1WG-SB」を搭載した通信デバイスを接続させて、4カ所の踏切設備に設置する。踏切設備の作動ログは、ソフトバンクのIoTプラットフォームに集約してJR九州の管理者が遠隔で確認できるようにし、運用面における検証を行う。

同実証実験で活用するシステムにより、管理者はこれまで現場で作動ログを確認していたのと同じインターフェースで、遠隔地から時間などを指定して踏切設備の作動ログを確認することができるため、トラブル発生時の早期の原因特定と迅速な対応につながることが期待できる。

今後ソフトバンクと東邦電機工業は同システムを2021年度に商用化し、JR九州などの鉄道事業者に導入する予定としている。

Previous

IIJ、ローカル5GやプライベートLTEなどの無線技術を体感できる「白井ワイヤレスキャンパス」を開設

NEC、ローカル5Gや映像分析などを活用した実証施設「NECモビリティテストセンター」を開設

Next