PwCコンサルティング、デジタル技術を活用した製造業・品質管理領域の高度化ソリューションを提供開始

日本の製造業は、情報網・物流網の発達による販売チャネルのグローバル化や消費者ニーズに合わせた多品種化・複雑化、また豊富な知見・技術を有する熟練労働者の引退による世代交代など、大きなビジネス環境の変化に直面している。昨今の品質不正や巨大リコールなどの問題は、そうした変化への対応の遅れが原因として指摘されており、多くの企業にとって重大な経営リスクとなっている。

PwCコンサルティング合同会社は、製造業の品質管理領域を高度化する新しいソリューション「Quality Digital Transformation」の提供を開始した。

同ソリューションのもつ以下の機能と各社が培った技術、知見、改善力を掛け合わせることで、製造業の品質領域(品質保証・管理など)においてDXを進め、さらなる品質向上と継続的な改善を実現する体制の構築を目指す。

  • 製品品質に関わる全データの収集・統合とダッシュボードによる見える化
  • 統計分析・テキストマイニングによるリコール・重大不具合リスクの自動検知
  • 品質問題の原因分析・対策立案へのAI・データ解析技術の活用
  • 過去の不具合と対策方法のデジタルアーカイブによる問題解決力の継承
  • 品質データの活用、品質問題の解決力向上による顧客対応力の強化

また、同ソリューションは、グローバルに展開する製造業を対象に国内・海外全ての拠点への導入を想定し、各地域の多言語にも対応しており、事業や拠点を横断した全社施策としての適用が可能だ。

さらに、PwCコンサルティングは各企業の経営環境に応じて品質領域のDXモデルを策定し、実装、定着化まで一貫して支援する。品質に関するデータの統合、データ解析技術による不具合などの早期検知・問題の原因分析、過去データの学習による予測型の顧客対応など、オペレーションモデルを再構築する。

Previous

NECと楽天ヴィッセル神戸、顔認証や映像分析技術を活用した感染症対策・おもてなし実証実験を実施

IoT人気記事ランキング|「ポストスマホ時代」を見すえたLINEのAI開発の現在など[11/2-11/8]

Next