KDDI、スマートグラス「NrealLight」を販売開始

KDDI株式会社は、5Gの新たな体験価値の創出を目的とし、中国のNreal Ltd.と共同開発したスマートグラス「NrealLight」を2020年12月1日から発売開始する。

KDDIとNrealは、2019年5月に戦略的パートナーシップを締結し、日本国内におけるXR技術を活用したスマートグラスの企画開発や受容性の検証などの取り組みを行ってきた。

今回発売する「NrealLight」は、メガネのように折りたたむことが可能で、かけやすいコンパクトなデザインが特長だ。スマートフォン接続型とすることで、従来のコンピューティングユニットを別に用意するタイプや、一体型のスマートグラスと比較し、持ち運びが容易となる軽量・小型化を実現したという。

「NrealLight」は、従来のAndroidアプリケーションをグラス内で起動し、プライベートなセカンドスクリーンとして利用できるミラーリングモードや、グラス内で空間上に映像を映し出すMRモードを実装している。これにより、目の前に100インチ規模のプライベートな仮想スクリーンを広げることも可能で、没入感のあるリッチな映像体験が可能だという。

更に、5Gスマートフォンと接続することで、5GとXR技術を組み合わせたリッチな映像体験が可能になるとしている。

また、ARコンテンツのような、現実空間とデジタル情報を融合するXR技術をより自然に体験することもできる。

Previous

ゴム工場でのIoTを活用した生産性改善 ーその1 工場全体を管理する

IDC、IoT利用企業の割合は前年比で0.1ポイント増加しCOVID-19の影響でIoTプロジェクトが停滞していると発表

Next