IIJ、農業農村のスマート化に向けてスマート農業を推進する実証プロジェクトにLoRaWAN製品群を提供

北海道新十津川町は道内有数の米どころで、主食用米の作付け率が高く家族経営が主体である点を特徴とする農業地域である。町独自のスマート農業支援施策も含め、プロ農家の優れた技術をデータ化し若く経験の浅い担い手でも活躍できるデータに基づくスマート農業技術体系の確立を目指している。

同町では、農林水産省「令和元年度スマート農業技術の開発・実証プロジェクト及びスマート農業加速化実証プロジェクト」の採択を受け、日本一の高品質・良食味米産地を形成するために、白石農園、JAピンネ、新十津川土地改良区、ピンネ農業公社、北海道空知改良普及センター中空知支所、北海道クボタによる「オール新十津川」の体制で、2019年度より短期集中する春作業の作業効率化等を目標とした「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に取り組んでいる。

他方、大阪府能勢町天王地区は、大阪府の最北端に位置し「大阪のてっぺん」と呼ばれる中山間地域である。高齢化と後継者不足による限界集落化が進む中「天王ナチュラルファーム」を組織し、農地集積・集約化、農産物の販路拡大、農産加工品の新規開発、農業体験イベントの開催等の取り組みを行っている。

天王ナチュラルファームは農林水産省「令和2年度スマート農業技術の開発・実証プロジェクト及びスマート農業加速化実証プロジェクト」に採択され、2020年度より「スマート農業加速化実証プロジェクト」に取り組んでおり、ドローンを活用した水稲直播など農業の生産性向上や地域の農業環境の保全活動に加えて、関係人口・交流人口を増やすことで定住化の促進までを目指すべく、農業観光(グリーンツーリズム)にも注力している。

そのような中、株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、北海道新十津川町と大阪府能勢町天王地区が取り組む2つのスマート農業推進実証プロジェクトを支援し、IIJがもつLoRaWAN基地局をはじめとする農業IoT関連製品やサービスを提供することを発表した。

IIJは、新十津川町スマート農業実証コンソーシアムによるスマート農業技術の開発・実証プロジェクトに対して以下の製品郡を提供し、新十津川町のスマート農業技術の普及・推進活動を支援する。

  • LoRaWAN通信基地局
  • 水田センサー
  • 気象センサー
  • 水位水温データ分析アプリケーション
  • 水田ごとの最適な水位を助言するアプリケーション

また、大阪府能勢町天王地区「天王ナチュラルファーム」のスマート農業加速化実証プロジェクトにおいては、中山間地域において農作業を安心安全に行うための製品として以下のような水田の水管理システムと共通の通信基地局を提供し、中山間地域での農業と農村生活のスマート化の実現を支援する。

  • LoRaWAN®通信基地局およびリピーター(無線通信中継機)
  • 獣罠センサー
  • 冠水センサー
  • 監視カメラ
  • メッセージの送受信が可能なコミュニケーションデバイス
  • 水田センサー
  • 気象センサー
Previous

11月26日(木)日本初開催!エッジからクラウドまでAI分野のキープレイヤーが勢揃い!産業界のAI活用を促進するオンラインイベント「AI Discovery Day 2020」の全貌を公開!

インフォコーパスのユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」、自由にダッシュボードを作成できるレイアウト機能等を拡張

Next