サイエンスアーツとMAYA SYSTEM、海外工場と映像遠隔コミュニケーションが可能な「世界スマホライブキャスト」を提供開始

新型コロナウイルス感染症の長期化による海外出張の制限により、海外に工場を持つ日本の製造業は現地工場のフォロー、状況把握の為のツール探しが求められている。海外工場との情報共有には「手軽で」「簡単で」「すぐに」導入できる構成が望ましい一方で、音声、映像、時には翻訳まで考えたツールの導入が必要となっており、また、海外工場での利用には海外対応のスマートフォンも必要となっている。

株式会社サイエンスアーツと株式会社MAYA SYSTEMは、新型コロナウイルス感染症の長期化で海外出張ができない日本の製造業へ向けて、海外工場と日本本社を音声・映像で手軽に繋ぐ「世界スマホライブキャスト」の提供を開始した。

世界スマホライブキャストは、サイエンスアーツが提供する、音声や動画、位置情報、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能なクラウドサービス「Buddycom」と、MAYA SYTEMが提供するSIMカード不要で世界100以上の国と地域でデータ通信が利用できるスマートフォン「jetfon」を組み合わせたパッケージプランである。

Buddycomの機能である「ライブキャスト」「トランシーバー翻訳」を使うことで、海外工場で働く従業員との映像の遠隔コミュニケーションや外国人労働者との通訳者無しの会話を距離無制限で行う事ができる。サイエンスアーツとMAYA SYSTEM、海外工場と映像遠隔コミュニケーションが可能な「世界スマホライブキャスト」を提供開始

Previous

インフォコーパスのユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus」、自由にダッシュボードを作成できるレイアウト機能等を拡張

ホンダ、自動運転レベル3型式指定を国土交通省から取得

Next