NextDrive、スマートホーム エネルギー管理ソリューションのIoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+」を販売開始

NextDrive株式会社は、IoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+」の販売を開始した。

Ecogenie+は、スマートフォン用アプリの「Ecogenie+」、IoEゲートウェイ「Cube」または「Atto」、クラウドベースの管理システム「IoE Suite」の組み合わせからなるIoEプラットフォームで、すべてが自社開発、ワンストップでソフトウェア、ハードウェア、バックエンドのシステムを提供するスマートホーム エネルギー管理ソリューションである。

SaaS(Software as a Service)型のサービスで、課金はサブスクリプションモデルを採用しているため、導入にあたる開発コストを削減、ビジネスをスタートするまでの期間を短縮することができる。各製品の詳細は以下の通り。

Ecogenie+(一般客向けスマートフォン用アプリ)

スマートメーター、ソーラーパネルや蓄電池の電力消費、発電、蓄電に関するすべての情報をリアルタイムに確認できるスマートフォン用アプリである。外出先からエアコンをオン・オフするなど、どこからでもスマート家電をコントロールできる。電力消費行動を分析して適した節電アドバイスを知ることができ、家庭内に設置されたセンサーやカメラと連動したホームセキュリティー機能も利用できる。

サブスクリプション形式で、様々なサービスプロバイダーが提供する情報や生活サービスを利用できる「Life+サービスプラットフォーム」の機能も備えている(順次機能拡張予定)。

NextDrive、スマートホーム エネルギー管理ソリューションのIoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+」を販売開始
画像左:Ecogenie+ ホーム画面(タイムライン)/画像右:Ecogenie+ デバイス画面

Cube/Atto(一般客向けIoEゲートウェイ)

HEMS/IoE/IoT ゲートウェイとして開発されたデバイスである。センサー、カメラ、赤外線コントローラーなどのデバイスと併用すると、スマートフォンで簡単に電力可視化や家電の遠隔操作、ホームセキュリティーを実現する。また、ECHONET Lite AIF認証を取得、同認証を備えた機器との通信が可能で、様々なスマート家電や住宅・設備関連機器のコントロールやデータ取得が可能だ。

NextDrive、スマートホーム エネルギー管理ソリューションのIoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+」を販売開始
画像左:Cube/画像右:Atto
NextDrive、スマートホーム エネルギー管理ソリューションのIoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+」を販売開始
Cube/Atto 接続イメージ

IoE Suite(企業向けクラウドベース管理システム)

お客の行動やデバイスの情報を統合し、カスタマーサービスのワークフローをワンストップで管理できる。収集したデータからのトレンド分析を基にした、ワン・トゥ・ワンマーケティングを実現する。お客のデバイスの設置状況もモニターでき、OTA(Over-The-Air)でファームウェアを遠隔操作でアップデートすることもできる。AWS(Amazon Web Service)ベースのクラウド環境で動作する。

NextDrive、スマートホーム エネルギー管理ソリューションのIoEプラットフォーム製品群「Ecogenie+」を販売開始
IoE Suite画面イメージ

Ecogenie+を導入することで、企業はお客の自宅にCubeまたはAttoを設置、スマホアプリのEcogenie+をインストールしてもらうことで、IoE Suiteを通じて、それぞれのお客のサービス状況やデバイス情報をモニターできる。また、過去の問い合わせ記録の確認も容易な上、スマホアプリを通じてお客への情報提供や販促活動も実施可能だ。

同プラットフォームを採用することで企業は自社のコアな業務に集中でき、日々、収集されるデータから得られるインサイトを基に、エネルギーデータを活用した新たなサービス提供の推進を支援する。

なお、導入先の企業としては電力小売事業者、太陽光発電事業者のほか、蓄電池メーカー、ハウスメーカーなどを想定している。各種APIを通じて様々な設備やデバイスとの接続ができるため、設備メーカーやデバイスメーカーとの協業も予定している。

Previous

MoT・KDDI他3社、東京都「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」にて5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を実施

NEC・産総研など、論理思考AIとミラープラントを組み合わせた運転支援システムを構築

Next