THK、製造業におけるIoTサービス「OMNIedge」にボールねじのサービスを追加

企業:

THK株式会社は、2020年1月に販売を開始した製造業向けIoTサービス「OMNIedge」の第二弾として、ボールねじをラインナップに追加した。

OMNIedgeは、機械要素部品にセンサを装着し収集したデータを数値化するシステム「THK SENSING SYSTEM」を活用し、独自のアルゴリズムによって収集したデータを数値化、解析することで状態診断、予兆検知を実現するシステムである。センサ、アンプ、通信機器一式を通信費込で提供するパッケージ型サービスで、2019年の無償トライアル51社を経て2020年1月、第一弾としてLMガイドに対応するサービスの正式販売を開始している。

今回ボールねじが新たに追加するにあたり、THKはボールねじにセンサを装着し収集したデータを数値化、状態を可視化する独自技術「THK SENSING SYSTEM」を確立した。これにより、ボールねじの異音、異常振動を数値化して検知することが可能となった。

また、OMNIedgeを用いることで、従来、現場作業員の経験と感覚による確認・判断に頼っていた装置の保全作業に計画性を持たせることが可能となる。それにより、作業員の経験やスキルに左右されることなく保全作業を効率化でき、予備在庫の管理コスト削減に寄与する。加えて、保全の形態をこれまでの時間管理から状態管理に移行させることで、部品交換時期を適正化し設備稼働率を高め、現場の生産効率を全体として向上できるとしている。

さらに、国内の製造業では製造設備の保全作業に際し、熟練工の感覚に頼らざるを得ない場面がある一方、熟練工の高齢化や人手不足により技能継承が難しくなっている点が近年の重要課題として挙げられているが、その課題を解決する手立ての1つとして、装置の保全作業の一端を担うOMNIedgeをパッケージ化した。ハードルが高いとされてきた製造業におけるIoTを、リーズナブルな価格で簡単に導入できる仕組みを取り入れている。
THK、製造業におけるIoTサービス「OMNIedge」にボールねじのサービスを追加
今後は、OMNIedgeの適用範囲を回転部品やアクチュエータなどにも拡げる予定としており、2021年1月には第三弾として、回転部品の予兆検知サービスを開始する目的として30社を対象とした無償トライアルを実施する。

なお、OMNIedgeの利用料金は1装置あたり月額8,000円~(2年契約)である。

Previous

日立と蘇州不二工机、製品トレーサビリティ強化とサプライチェーン連係を実現する生産システムを構築

パナソニック、業務用空調機器を遠隔管理できるクラウドサービス「AC Smart Cloud」を提供開始

Next