ドコモ・アイシン精機・千葉大学など、海浜幕張エリアで「次世代モビリティサービス」の実証実験第2弾を開始

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、千葉市、千葉大学、アイシン精機株式会社、株式会社ドコモ・バイクシェア、三井不動産株式会社、イオンモール株式会社は、海浜幕張エリアで取り組む「次世代モビリティサービス」の実証実験の第2弾を、2020年11月21日から開始する。

2019年度に行った第1弾では、電動小型モビリティ単体で、屋内自動運転やシェアリングサービスの実証実験を行った。その結果、高齢者や体が不自由な方だけではなく、ファミリー層や買い物客などにおいても目的地までの移動や広大なショッピングモールでの移動ニーズがあることを確認したという。

第2弾となる今回は、市民や観光客に向けて、海浜幕張エリアで3km圏内の移動を目的とした「AI運行バス」を運行するほか、海浜幕張駅周辺で電動小型モビリティや次世代電動車椅子を貸し出すとしている。実証後は、利用者の移動データやアンケートを収集し、サービスの需要や利用者の回遊性を調査する。

また、電動小型モビリティ「ILY-Ai」にシェアサイクルで利用しているシェアリングプラットフォームを実装させ、貸し出し時の無人対応を想定した実験も実施するという。

さらに、ショッピングモール内の回遊性向上を目的に、幕張メッセ、メッセモール、イオンモール幕張新都心で、電動小型モビリティの自動運転の実証実験を行う。施設内で小型モビリティの無人貸し出しや、モビリティを自動で返却地点に戻す検証を行うとしている。

自動運転には、1台の小型モビリティが取得した地図データをリアルタイムに複数のモビリティへ提供する仕組みを活用するという。

Previous

エッジからクラウドまでを更に連携させ、デジタルとリアルを繋ぐ ーシーメンス MindSphere

KDDI総合研究所と大阪府立大学、モバイル回線に接続したスマートフォンで遠隔制御可能な水上ドローンを開発

Next