MONET、デマンド型の乗合タクシー「愛タク」を群馬県富岡市で運行開始

群馬県富岡市では、運転免許証を自主返納した高齢者などの移動が困難な市民の移動手段を確保するために、一部の地域におけるデマンド型の乗合タクシーの導入やルートの見直しなどに取り組んできた。現在では、一部の地域を除いて路線定期運行型(決められた路線を時刻表通りに運行する形態)の乗合タクシーを運行している。

MONET Technologies株式会社(以下、MONET)は、MONETの配車システムを活用したデマンド型(予約があった場合のみ指定の停留所間を運行する形態)の乗合タクシー「愛タク」の運行を、2021年1月4日から富岡市内全域で開始する。

今回運行を開始するデマンド型の乗合タクシーは最大7人乗りのミニバン6台(うち2台は車椅子のままで乗車可能)の車両で、ICT(情報通信技術)を活用したMONETの配車システムを導入することで予約状況に応じて最も効率的なルートで運行される。利用者は、電話またはMONETが提供するスマートフォンアプリで乗車の予約をすることができる。

これにより、利用者は運行時間内かつ約300カ所に設置された停留所間であれば、市内の全域を自由に移動することが可能になる。

なお、運賃は市内に在住、在学または在勤する方、小学生、障がい者は1乗車当たり100円で、それ以外の乗客は1乗車当たり500円となっている。

Previous

菱洋エレクトロ、稼働中の産業機器の故障予知システム「FIRST AE」の販売を開始

ドコモ・京急電鉄など、5Gと高速AIディープラーニングを活用した鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視の実証試験を開始

Next