ドコモ・京急電鉄など、5Gと高速AIディープラーニングを活用した鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視の実証試験を開始

人口減少と少子高齢化の影響から社会インフラの維持管理における人手不足が将来的な課題となっており、鉄道事業者も同様の課題を抱えている。

中央復建コンサルタンツ株式会社、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)、横須賀市の4者は、鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視システムの実証試験を京急電鉄の久里浜工場で2020年12月21日から開始する。

同実証では、通常時と災害時を想定し遠隔監視システムの実証を行う。通常時の監視として、固定4Kカメラで車両台車を撮影し、ひび割れがないかを解析・監視する。また、災害時の監視として、ドローン4Kカメラで線路を撮影し倒木などの障害物がないかを解析・監視する。

解析・監視にあたり、撮影した4K映像を5Gの大容量通信を活用してクラウド上に伝送し、クラウド上のAIが映像を解析して異常を検出する。解析結果は5Gによってリアルタイムに配信され、遠隔地の管理モニターに表示される。

解析時に活用する高速AIディープラーニングの解析エンジンは、MEC(Multi-access EdgeComputing)クラウド上に構築し、リアルタイムなAI解析とセキュアな映像データの収集・解析・蓄積を実現する。このとき、映像の取得から解析後の配信までの時間は1.5秒以内を目標としている。これにより、インフラ維持管理業務への実装可能性が高まるという。

同実証において、中央復建コンサルタンツは実証実験の全体を総括(コンソーシアム代表者)し、ドコモは5G・MEC クラウド環境構築、4K映像配信・AI解析システムの構築を担い、京急電鉄は実証フィールド提供、横須賀市は地域における課題提供および地域横展開に向けた知見を提供する。

なお、同実証は総務省事業である「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証に係るインフラ分野におけるローカル5G等の技術的条件及び利活用に関する調査検討の請負」を、4者がコンソーシアムを組んで実施するものである。

Previous

MONET、デマンド型の乗合タクシー「愛タク」を群馬県富岡市で運行開始

リアルタイムのデータを直感的に可視化する ーアドバンテック SaaS Composer

Next