ソフトバンク、世界一律料金の通信サービス「IoTグローバルプラン」を提供開始

現在、5Gの展開や産業分野におけるDXの推進に伴い、IoTへの注目がますます高まっている。世界のIoT市場は拡大傾向にあり、海外展開を図る日本企業にとって大きな成長余地がある。しかし、海外でIoT機器を利用する場合には、通常現地の通信事業者との契約手続きが必要で、料金プランは国・地域や通信事業者ごとに異なるなど、さまざまな課題がある。

ソフトバンク株式会社は、海外でのIoT活用を推進する企業向けに、世界100以上の国・地域で料金が一律となる「IoTグローバルプラン」の提供を開始した。

同プランは、基本料が月額100円/回線、通信料が5.5円/MB(初期費用として1回線当たり税抜3,000円が発生)で世界100以上の国・地域で利用可能なIoT向けSIMおよび保守・運用窓口をワンストップで提供するプランである。国境を越えても現地の通信事業者のネットワークに自動で接続できる。

また、一部の対象国・地域では、ソフトバンクが日本・アメリカ・シンガポール・香港・オランダに設置した専用設備を活用したローカルブレイクアウト機能(※)を2021年3月から順次提供予定としている。日本の通信事業者が提供する国際ローミングでは、日本の設備を経由するのが一般的だが、同プランは日本の設備に加えて海外に設置された最寄りの設備を経由して通信を行うことにより、通信経路の最適化を実現する。

さらに、基本サービスとして、日英対応のウェブ問い合わせ窓口(24時間365日)の提供や、IoT関連のパートナー企業の紹介などのサポートサービスが利用できる。加えて、オプションサービス(有償)として、企業専用の電話窓口の設置や現地でのオンサイトサポートなど、海外でも安心して同プランを利用するための様々なサポートサービスをラインアップし、企業の要望に合わせて提供される。

海外市場をターゲットに通信機能を搭載した自動車や建機販売などのIoTビジネスを推進する企業や、海外渡航の制限下で世界各地に点在する工場のモニタリングやインフラ監視などのIoTによる業務効率化を図る企業は、同プランを活用することで、スムーズなIoTビジネスの展開やIoT機器の管理を実現する。

※ ローカルブレイクアウト機能:海外のモバイルネットワークと外部ネットワーク(インターネットや、企業のプライベートネットワーク)の相互接続ポイントを海外に設置し、国際ローミング時に、その接続ポイントを活用した最適な経路による通信を行うこと。

Previous

NEC、ローカル5Gの企画・運用を月額料金で利用できるサービスを提供開始

ISIDと旭化成、農業データ流通基盤の実証実験を開始

Next