ソフトバンクと先進モビリティ、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化に向けた合弁会社を設立

ソフトバンク株式会社と先進モビリティ株式会社は、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化に向けた合弁会社「SBドライブ株式会社」を、2016年4月に設立することで合意した。

また、合弁会社の設立に合わせて、ソフトバンクは先進モビリティの第三者割当増資を引き受け、2016年4月に5億円を出資することも発表した。

 

SBドライブは、東京大学生産技術研究所 次世代モビリティ研究センターの技術を基に自動運転技術を軸としたモビリティー社会の実現を目指す先進モビリティや、通信基盤やセキュリティー、ビッグデータ分析・利用などのノウハウを持つソフトバンクと連携し、さらに「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社などが協力する体制の下で、自動運転技術を活用した特定地点間のコミュニティーモビリティーや、隊列および自律走行による物流・旅客運送事業などの社会実証・実用化に取り組むという。

 

社名:SBドライブ株式会社(英文社名:SB Drive Corp.)
設立日:2016年4月1日(予定)
代表者:代表取締役社長 佐治 友基(さじ・ゆうき)
所在地:東京都港区東新橋1-9-1
株主:ソフトバンク株式会社、先進モビリティ株式会社(2016年4月15日~)
事業内容:自動運転技術の導入・運用に関するコンサルティング、旅客物流に関するモビリティーサービスの開発・運営

 

【関連リンク】
ソフトバンク(SoftBank)
先進モビリティ(Advanced Smart Mobility)
SBドライブ(SB Drive)
東京大学生産技術研究所(Institute of Industrial Science, University of Tokyo)
ヤフー(Yahoo)

Previous

オージス総研、エネファームのサービス基盤にAWSを採用しIoT基盤を構築

東芝、製造業のものづくりをIoTで変革する「次世代ものづくりソリューション」の提供開始

Next