NECとナ・デックスが工場や倉庫等で資材の位置情報を管理する「マーカーロケーションシステム」を共同開発

製造業の現場では、部品や原材料を種別ごとに保管しているが、生産量に応じて物量(在庫)の変化への対応や製品切替時の保管スペースの確保が課題となっている。また、保管スペースが不足した場合には、倉庫内の空きスペースを一時保管場所として利用することもあり、複数の資材が混在する中、必要な時にすぐに必要な資材を見つけることができない。

そこで、株式会社ナ・デックス(以下、ナ・デックス)と日本電気通信システム株式会社(以下、NEC通信システム)は、工場や倉庫等での資材の位置情報を高精度で把握し、可視化する「マーカーロケーションシステム」を共同開発した。

ナ・デックスのスマートマテリアル管理システムとNEC通信システムが開発したNECマーカー位置測位ソフトウェアにより、入庫した資材を自動的に認識し、そのロケーションを自動的に関連付けることで、資材の種別ごとに保管スペースを確保する必要のないフリーロケーション化が実現できる。

特徴は以下のようになっている。

  1. 資材保管のフリーロケーション化
    マーカー位置測位技術を用いて入庫した資材と入庫場所をリアルタイムに検出することで、資材の種別を意識せずに任意の場所に任意の資材を保管できるため、保管スペースを有効利用。また入庫した資材と入庫場所をリアルタイムに検出しているため、ピッキング作業や棚卸し作業の効率化が図れる。
  2. 取り扱いが簡易でメンテナンスも容易
    シート状のマーカーを資材に付け、カメラで撮影し位置を測位するため、ビーコン等の装置は不要で取り扱いが簡易になる。さらに、電池交換といったメンテナンスも不要となり、保守性に優れている。
  3. 屋内外をシームレスに位置測位可能
    防水加工されたマーカーを使用することで、屋外でも位置の推定が可能となる。屋内外で異なる位置測位装置(ビーコン、GPS等)を用意することが不要になるため、屋内外の資材管理を一元的に行うことができる。

本ソリューションは、ナ・デックスが12月1日より製造倉庫や物流倉庫等向けに販売を開始することとなっている。

今後、NEC通信システムは、マーカー位置測位技術を応用しAGV、フォークリフト、作業者などの移動体の導線管理、導線+運搬荷物情報などを連動することで、適応範囲を広げるアプリケーションの開発及び検証を行っていく予定だ。

Previous

アスラテックと日立システムズ、高輪ゲートウェイ駅におけるロボットの実証実験に自律走行型搬送ロボット「RICE」を提供

MAMORIO、シール型紛失防止デバイス「MAMORIO FUDA」第二世代の発売を開始

Next