ソニー、エンタテインメントロボット「aibo」の 連携アプリケーションのサービスを開始

ソニー株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」のオーナーが、企業や団体、個人の開発した連携アプリケーション(以下、連携アプリ)を利用することが出来る新たなサービスを、2020年11月27日から開始した。

aiboの連携アプリとは、インターネットを介してaiboと様々なサービスや機器をつなげることで、aiboのできることを増やせるアプリケーションだ。

ソニーは、2019年11月に開発者を対象としたaiboのソフトウェアAPIを公開し、aiboを活用したアプリケーションの開発環境を提供してきた。今回のサービス開始により、すべてのオーナーがこれらのアプリケーションを利用可能となる。

今回のサービス開始にあわせて、すでに2020年1月30日からサービス提供を開始しているセコム株式会社に加えて、クラリオン株式会社からの連携アプリが公開される。

同時に、事業者を対象としたaibo連携アプリのオフィシャルパートナーの募集も開始するという。また、全国の高校生による連携アプリの企画や開発体験イベントも開催し、連携アプリの拡充を推進するとしている。

Previous

ロボットとヒトが共同する未来の建設現場に向けて、竹中工務店などがBIMデータを活用した「建設ロボットプラットフォーム」を本格稼働

オプティムの AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」、SAML2.0認証機能や時系列データベース等の機能を追加

Next