IIJ、システムインテグレーター向けの新接続方式「パートナーコネクト」を提供開始

コロナ禍でリモートワークが急速に普及し日本マイクロソフトが提供する生産性向上クラウドサービス「Microsoft 365」をはじめとするSaaS型サービスやパブリッククラウドの活用が進む一方、トラフィック増大に伴う既存ネットワーク機器の性能逼迫や、これらに対応できる高度な専門知識を持つネットワークエンジニアの不足など、様々な課題も見られるようになっている。

株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は、データセンターやソリューションを展開しているシステムインテグレーター(以下、SIer)向けに、SIerのデータセンターとIIJプライベートバックボーン(※1)を相互接続するマルチキャリア対応の新接続方式「パートナーコネクト」を提供開始した。

パートナーコネクトは、Microsoft 365をはじめとしたSaaSのほか、Microsoft Azureなど各社インフラクラウドサービスとの閉域接続がより短期間で利用することができる。IIJは、SIer向けにネットワークエンジニアが個別構築で提供していたリモートアクセスやセキュリティ、認証といった機能を、パートナーコネクト経由でクラウド型のデジタルワークプレース(DWP)(※2)関連サービスとして提供することで、SIerの課題解決を支援する。

SIerは、パートナーコネクトを利用することで、自社エンドユーザに対して各種クラウドサービスへの接続環境と合わせ、周辺サービスを短期間に提供することが可能になる。さらに特定のキャリアに依存しないマルチキャリア対応のため既存ビジネスとの親和性を保ちつつソリューションラインナップを拡充することができる。

※1 IIJプライベートバックボーン:IIJのバックボーン上に顧客専用のネットワークを構築し、IIJの各種ネットワークサービスやクラウドサービスと相互接続できる閉域ネットワークサービス。
※2 デジタルワークプレース:デジタル技術を最大限に活用し、仕事環境を整備することで「人」や「企業」を活かす企業戦略。

Previous

マクニカネットワークス、スマート工場化に対する投資対効果明確化のため米ThroughPut社と協業検討開始

OKIと京都大学など、アプリを通じて個別化された行動変容メッセージを送る睡眠改善ソリューションの実証実験を開始

Next