KDDI研究所、AR画像を視線の先にぴったり表示する透過型スマートグラス用ソフトウェアを開発

株式会社KDDI研究所は、遠隔で作成したAR画像を、透過型スマートグラス(注)装着者の視線の先にぴったり表示することが可能なソフトウェア「PITARI (PIctureless Transmissive Augmented Reality Interface)」を開発した。

このソフトウェアは遠隔サポートにも活用でき、装着者は、遠隔の指示者が作成したAR画像をすぐに見ることができるため、外国での買い物や遠隔での専門作業など、日常や仕事の様々なシーンでプラスαのコミュニケーションを体験できる。

「PITARI」は、遠隔作業支援システム「VistaFinder Mx」のオプション機能としての提供を予定。

(注)ディスプレイ表示部が透けているスマートグラス

KDDI研究所、AR画像を視線の先にぴったり表示する透過型スマートグラス用ソフトウェアを開発
PITARIを搭載した透過型スマートグラスから見たAR画像(イメージ図)

 

技術的特長

一般的なARアプリはカメラで撮影した画像内にAR画像を表示するため、透過型スマートグラスでARを活用する際、装着者は「ARが表示された対象物の画像」と「実際の対象物」の両方を見比べなければならず、利用する上で不便だった。

今回、KDDI研究所では「簡単な補正作業で物体の奥行きや位置を把握する技術」を開発したことにより、遠隔の指示者が作成したAR画像のみを、装着者の視界にすぐさまピタリと表示させることが可能となり、この問題を解決したという。

 

 
【関連リンク】
KDDI研究所(KDDI R&D Laboratories)

Previous

東芝、製造業のものづくりをIoTで変革する「次世代ものづくりソリューション」の提供開始

フレームワークス、「物流オープンデータ活用コンテスト」開催

Next