NTTデータ、小型レーダー衛星の撮影データと画像解析技術を活用した「全天候型地図情報提供サービス」の提供を開始

近年、インフラ老朽化や自然災害への対応力強化を目的とした「国土強靭化」に官民をあげて取り組む中、リスク情報把握にかかる人手を削減したい、人が現地に入れないエリアや悪天候時であっても現況を把握したい、というニーズがある。

株式会社NTTデータは2014年から、光学衛星画像を利用した全世界デジタル3D地図「AW3D全世界デジタル3D地図」を世界130カ国以上へ提供してきた。一方で、光学衛星には雲や煙がある場合に地上の画像撮影ができず、更新頻度に課題があった。

このようなニーズや課題に対応するため、NTTデータは、雲や煙を透過して撮影が可能なレーダーを搭載した小型レーダー衛星の運用を行うフィンランドのICEYE社と業務提携し、天候に依存しない確実な状況把握を可能とする「全天候型地図情報提供サービス」を2020年12月4日から提供開始した。

これまで光学衛星を活用したことにより実現された「高解像度」かつ「高位置精度」の3D地図に加え、レーダー衛星を活用することによって「高頻度」かつ「高網羅性」を実現し、撮影開始から最短半日で画像の提供が可能となるという。雲が多く、光学衛星では撮影が難しい、山岳エリアや赤道付近のエリアでも、最新の状況が入手可能となるとしている。

天候に依存せず、地形や土地利用等の地図情報が取得できるため、定期的なインフラ企業の設備管理、山岳域における自然災害監視や土地利用の把握、災害発生時の状況把握等での活用が期待されるとしている。

Previous

ブリヂストン、タイヤの内圧を遠隔モニタリングするデジタルソリューションツール「Tirematics」を活用したサービスを提供開始

NTT、複雑なデータを柔軟に分類できる機械学習技術を実現

Next