ノキア・オムロン・シャープ他3社、ローカル5Gのサービス開発で戦略的提携に合意

2019年12月、ノキアは日本の企業に5GとIoTを提供する戦略的パートナーシップのエコシステムを導入しており、2019年末にローカル5Gの企業向けの周波数がリリースされた。

このほど、ノキアは日本におけるローカル5Gベースの企業向け産業用ソリューションの採用を加速することを目的に、オムロン株式会社とコネクシオ株式会社、シャープ株式会社、日鉄ソリューションズ株式会社、株式会社日立国際電気が参加する新しい戦略的提携「Nokia ローカル5G テクノロジーパートナーシップ」を発表した。

アライアンスパートナーは緊密な協業体制のもと、産業、デバイス、アプリケーション、クラウド、および5Gに関する専門知識を結集して、リモートコントロール、人工知能、オートメーション、ロボティクス、および無人搬送車を含むユースケースに対して、新しい産業固有のソリューションを開発する。

これにより、企業向けローカル5Gを推進してインダストリー4.0の促進を図る。また、コンセプトおよび設計段階でノキアのローカル5Gプライベート・ワイヤレスを統合することにより、ソリューションの開発が容易になり、迅速な導入を実現、企業の早期投資回収にもつながるとした。