ソフトバンク、骨格推定技術とAIを駆使したスポーツコーチングプラットフォームの商用化に向けて実証実験を開始

ソフトバンク株式会社は、5G時代におけるスポーツコーチングプラットフォームの商用化に向けて、骨格推定技術とAIを用いた実証実験を2020年11月~2021年3月31日に実施する。

同実証実験では、骨格推定技術を活用した専用アプリ「コーチングAIカメラ」の利用や、映像解析AI「AIコーチング」によるアドバイスが、スポーツ技術向上に寄与できるのかを検証する。コーチングAIカメラには、利用者とプロ選手のフォームのマッチ度がスコア化される「プロ真似カメラ」と、利用者と上手な選手の骨格の動きを比較できる「くらべるカメラ」の2つの機能がある。

プロ真似カメラは、利用者のバッティングフォームやシュートフォームを撮影すると、骨格推定技術を用いた比較分析により、プロスポーツ選手とどのくらい似ているかがスコア化される。比較ができるプロ選手は、福岡ソフトバンクホークスの選手や、B.LEAGUE所属のプロバスケットボール選手などを予定している。

くらべるカメラでは、先輩やその他上手な選手を撮影しその後利用者のフォームを撮影すると、骨格推定技術により動作の異なる部分が赤く表示される。全種目に対応している。

また、AIコーチングは、バッティングフォームの映像をAIが解析して改善点をアドバイスする。対応種目は野球とのことだ。

なお、同実証実験における協力・参加団体は以下の通り。

  • スポーツ科学の視点に基づいたアドバイスの提供及びAIコーチングのロジック構築
  • 鹿屋体育大学

  • 専用アプリの検証
  • 福岡ソフトバンクホークス、シーホース三河U15、気仙沼市教育委員会、徳之島町・徳之島町教育委員会、鹿屋体育大学、九州産業大学、仙台大学、石巻専修大学、他

Previous

AIoTクラウド、Amazonの消費財自動再注文クラウドサービスへの参画事業者向けに開発支援サービスを提供開始

ウミトロン、スマート魚体測定システム「UMITRON LENS」を開発

Next