ソニー、AIで移動手段が検知できる見守りサービス「amue link」を提供開始

ソニー株式会社は、チップ型SIMを搭載したコミュニケーション通信端末「LM-01」と専用アプリを新たに開発し、スマートフォンを所持していない子どもや高齢者のいる家族向けの見守りサービス「amue link」の提供を開始した。

同サービスは、子どもがLM-01を持ち歩くと、親は端末から発信される情報をスマートフォンの専用アプリで確認することができる。電池は最大5日間持続する。

GPSに対応しており、搭載している加速度・ジャイロ・気圧・地磁気・温度センサーからの情報を元にAIを用いて「徒歩・停止・自転車・車・バス・電車」の移動手段が検知できるため、一般的な位置情報に加えて「バスと徒歩で移動していた」といった行動履歴も把握することができる。加えて、アプリでスポット(場所)を設定すると、端末がそのスポットに到着/出発した時に通知を受け取ることもできる。

また、端末のマイクを通じて、ボイスメッセージ機能を使用した双方向のコミュニケーションをいつでも取ることができる。メッセージの着信は、本体の通知用LEDで知らせる。アプリ(スマートフォン1台)には最大5台までLM-01端末を登録可能で、LM-01が1台に対して最大5人(スマートフォン5台)まで見守りが可能だ。アプリへの端末登録は二次元コードで容易にできる。
ソニー、AIで移動手段が検知できる見守りサービス「amue link」を提供開始
なお、利用料金として別途初期費用が3,000円、端末代金が12,600円、月額利用料金が980円となっており、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する高速光回線サービス「NURO 光」のオプションサービス「amue link for NURO」として受付を開始し、12月中旬より順次サービス提供予定としている。

Previous

コンテックとNEC、「ExpEther 無線IPコア」搭載の汎用メディアコンバータを共同開発

AIoTクラウド、Amazonの消費財自動再注文クラウドサービスへの参画事業者向けに開発支援サービスを提供開始

Next