NTT Comと横河ソリューションサービス、化学プラントにおいて運転員のオペレーションを模倣するAIを開発

多くの化学プラントでは、化学製品の生産過程における温度や圧力が複雑に変化するため、システムによる自動制御ができず、運転員のオペレーションが不可欠な工程が存在するという。しかし、労働人口の減少で運転員の確保はますます困難になりつつあるため技能継承が十分にできないことや、高度なスキルが必要となるため習得が難しくオペレーション品質にばらつきが出ることが問題となっている。

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)と横河ソリューションサービス株式会社は、化学プラントにおいて、運転員のオペレーションを学習しその動きを模倣するAIを開発した。

同AIは、NTT ComのAI開発ツール「Node-AI」を用いて開発したものであるという。「Node-AI」では、コードを書く必要がなく、GUIにより開発ができるため、開発期間の短縮やプログラミング時のバグ混入のリスクを抑えているとしている。プラント運転において何を注視すべきデータ項目とするかを見極める力などの横河ソリューションサービスが持つ専門的な知見をNTT Comが同AIに実装し開発していることも特長である。

また同AIは、過去のオペレーションで取得された温度や圧力などの各種データと、それを制御する運転員の操作履歴を教師データとする模倣学習により開発している。模倣学習は、複雑に状態が変化するプラントにおいても過去のデータさえあれば適用が可能であることが、最大の特長である。

運転員によるオペレーションと同AIのオペレーション精度を比較する実証実験を行った結果、高い精度で一致することを確認したとしている。

Previous

BPM知識の普及で、日本のDXを加速する ーNTTデータ イントラマート 中山氏・日本OMG 吉野氏インタビュー

三井不動産、車両と店舗が一体となった「移動商業店舗」プロジェクトを開始

Next