DNP、手をかざすだけで操作できるタッチレスAR透明浮遊ディスプレイを提供開始

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に安全衛生や感染症予防に対する人々の意識が高まっており、抗菌・抗ウイルスの機能を持つ製品の開発や、タッチレス(非接触)で操作できる製品に対するニーズが高まっている。また、近年では現実世界の情報に別で作り上げられた情報を加えることにより、人々の行動をサポートするAR技術に対する注目も高まっている。

大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、かざした手の動きをモーションセンサーで認識し、手を触れることなくカーソルを操作できる液晶調光フィルムを透明スクリーンに貼りあわせたタッチレスディスプレイの提供を開始した。

同製品は、液晶調光フィルムのオン・オフを瞬時に切り替えることにより、シーンに応じて通常の映像表示から、空中に映像が浮かび上がるようなAR効果までを一つのディスプレイ上で演出、タッチレス操作することができる。

装置に搭載されたモーションセンサーによって人が近づいたことを検知し、透明スクリーンと一体化されている液晶調光フィルムを遮光の状態にすることによって、透明スクリーンに表示されている映像をよりクリアな映像に演出することができる。また、手のひらを近づけることでセンサーが感知してカーソルが現れ、人差し指を曲げる動作をすることにより、カーソルに触れることなく操作画面のボタンをクリックすることができる。

さらに、透明スクリーンと一体化した液晶調光フィルムを透明な状態に背景が見えるようにしておき、そこに映像を投影することで、空中に映像が浮かび上がるようなARの効果を演出する。

DNP、手をかざすだけで操作できるタッチレスAR透明浮遊ディスプレイを提供開始
カーソルに触れることなく操作すると(左)→液晶調光フィルムが光を透過して透明スクリーンがAR効果を演出(右)
DNPの液晶調光フィルムは、液晶をコーティングする技術を活かして電圧によって液晶の向きを制御することで、光を透過させたり遮ったりしてクリアな映像の表現を実現することができるとのこと。また、DNPの透明スクリーンは、光学レンズの設計技術と賦型技術により大きなフィルム基材に精密レンズを施している。

Previous

エスイーエー、EVステーションとしても機能するHEMS連動型スマートハウス「Smart2030零和の家 上越中央展示場」をオープン

ウェザーニューズ、現在地の路面凍結リスクを4ランクで表示する「路面凍結予報」を提供開始

Next