デジタル、ものづくりが求める保全活動に新たなIoTソリューションを提案

株式会社デジタルは、プログラマブル表示器とダイレクトに接続して、既設機器の電力値データを管理する電力計PM3250を新たに発売した。

近年、製造業でのIoT化への取り組みが積極的になる中、保守に対する考え方も変化を見せてきている。保守費用削減や稼働率向上などのニーズがある一方で、品質保持や高い利益率確保は重要な争点だ。これまで直面していた既存設備の老朽化や保全管理者の不足などの課題に加えて、IoT化推進により、人やモノの情報を認識するためのセンサー技術やビッグデータ処理術は進展を遂げ、設備の保全活動にも進化が求められているという。

こうした次世代の製造現場において、デジタル社は電力計PM3250は既設機器の電力値データを管理し、新たな保全のソリューションを提供する。現場の表示器とPM3250をModbus通信でダイレクトに接続することができ、コントローラ情報と一緒に電力値データの取得が可能となる。

また、同社が無償で提供するIoTロガーアプリケーションを使用して、現場の表示器で電力値データのトレンドグラフや現在値表示、各種設定を行うことができるため、現場での素早い対処を実現、さらに、収集した装置駆動系の電力値データは上位PC(Pro-Server EXなど)を使用し、分析することで、予知保全に繋げることができるという。DINレール取り付け対応の電力計PM3250は既存、新規設備を問わない。

[media id=’16144′]

PM3250製品特長

  1. RS-485 Modbus通信、表示器とダイレクト接続可能
  2. DINレール取り付け
  3. 単相2線、単相3線、三相3線、三相4線を全てPM32501台で対応参考標準価格(税別)
  4. 測定電圧:60-277V L-L、100-480V L-N ±20%

参考標準価格(税別)

  • 電力計 ¥24,800
  • 分割形低圧変流器(CT) ¥12,000~
  • PM3250製品ホームページ

    http://jpn.proface.co.jp/product/commu_equip/power_meter/index.html 

    [media id=’16147′]  

     
     

     
    【関連リンク】
    株式会社デジタル

    Previous

    台湾貿易センター、台湾発世界最大級最新ITトレードショー「COMPUTEX 2016」今年は新たに“InnoVEX”展示エリアを新設

    友愉股份有限公司、おやつが飛び出すスマートドックカメラ“Furbo(ファーボ)”が日本に上陸

    Next