KDDIとAWS、5Gネットワークエッジを利用可能な「AWS Wavelength」を提供開始

KDDI株式会社とAmazon Web Services,Inc.(以下、AWS)は、au 5Gネットワーク内で、マルチアクセスコンピューティングアプリケーションに最適化され、クラウドサービスへシームレスにアクセス可能なAWSインフラストラクチャーサービス「AWS Wavelength」を2020年12月16日から東京で提供開始する。

同サービスは東京の5Gエリアで利用が可能だ。

同サービスは、au 5Gネットワーク内にAWSのコンピューティングサービスとストレージサービスを配置しデータ処理することで、5Gの特性である超低遅延の実現を可能とし、利用者が5Gのもたらす新たなビジネスチャンスを探索するのに最適だとしている。さらに、アプリケーション開発者は現在利用しているAWSと同じ、使い慣れたAPI・ツール・機能を使用しながら、次世代アプリケーションやサービスを展開することが可能だという。

KDDIは同サービスの商用化に向けた実証実験を行い、有効性を確認したとしている。

Previous

ウェザーニューズ、現在地の路面凍結リスクを4ランクで表示する「路面凍結予報」を提供開始

ZMPとENEOS、無人宅配ロボットを活用したデリバリーインフラ構築と実用化に向けて協業

Next