エルピクセル、AIを活用した医用画像解析ソフトウェア「EIRL」の臨床導入100施設を突破

エルピクセル株式会社が開発した脳MRI画像から脳動脈瘤の候補点を検出する医用画像解析ソフトウェア「EIRL Brain Aneurysm」は、2019年10月より深層学習を活用した脳MRI分野のプログラム医療機器として薬事承認を取得し、販売を開始している。同製品を皮切りに、エルピクセルはこれまで4つの医用画像解析ソフトウェアを開発・提供し、医療機関への導入を進めてきた。

そしてこのほど、エルピクセルは医用画像解析ソフトウェア「EIRL」シリーズの臨床導入が、累計100施設を突破したことを発表した。