Apple、Bluetooth SIGのプロモーターメンバーに

Bluetooth規格を策定するBluetooth Special Interest Group (Bluetooth SIG)は、Apple社がプロモーターメンバーになったことを発表した。

Bluetooth SIGは、無料のアダプターメンバー、Bluetooth SIGグループ内の市場定義に携わる機会を得るアソシエイトメンバー、そして今回Apple社が加わった最高レベルのプロモーターメンバー、という3つのメンバーシップ制度がある。

現在のプロモーターメンバーは、エリクソン、インテル、レノボ、マイクロソフト、ノキア、東芝の6社だ。

Bluetooth SIG理事長のトビーニクソンは、「Appleは長い間、Bluetoothエコシステムにおける重要な参加者となっており、我々は、Appleが理事メンバーとして参加することを歓迎します。」と述べている。

今後5年間で100億以上のBluetooth対応製品が世界的に出荷すると予想されている。

・関連リンク
Bluetooth SIG

Previous

国内3Dプリンター市場 2014年の実績と2021年までの予測を発表

自動走行ビジネス、オールジャパンで競争力強化へ取り組む

Next