ソフトバンクとパナソニック、クラウド上で映像制作が完結できるシステムを共同開発

近年、インターネット配信の増加などにより映像コンテンツの需要は拡大しているが、映像制作の人材不足に加えて、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、現場集中型のワークフローが課題となっている。また、近年の映像コンテンツの高度化による制作機材のコスト増加が放送局や映像制作会社の負担となっており、映像制作のプロセス改革が求められている。

ソフトバンク株式会社とパナソニック株式会社の社内分社であるコネクティッドソリューションズは、クラウド上で映像制作を完結できるシステムを共同開発し、地上デジタル放送での共同検証を実施した。

同システムは、ソフトバンクのデータセンターにある映像制作システムにパナソニックの新IT/IPプラットフォーム「Kairos」を導入して、パナソニックの放送用ネットワークカメラを活用し撮影現場とデータセンターをIPネットワークで接続することで、撮影から編集までの工程をIPで実現する。

ソフトバンクとパナソニック、クラウド上で映像制作が完結できるシステムを共同開発
①収録(事前):パナソニック製放送用ネットワークカメラ(AG-CX350)で事前収録。収録した映像データをファイル化し、データセンターへアップロード。遠隔地からアップロードした映像データにアクセスし、事前に編集。
②収録(当日):スタジオにて4台のカメラで撮影した映像を、ストリーミングでデータセンターへ入力。事前収録映像と併せて、遠隔地のサブスタジオから映像をスイッチング。
③番組映像編集:遠隔地から収録した映像データにアクセスして編集。番組用映像データを作成。

これにより、事前収録した映像素材やライブ映像をソフトバンクのクラウドサーバーにアップロードすることで、別の場所から遠隔操作・映像編集を行うといった分散型のリモートワークフローを実現して、従来よりも効率的に映像制作を進めることが可能になる。また、制作機材を保有する必要がなく資産圧縮が可能なため、放送局や映像制作会社のコスト削減に貢献する。

ソフトバンクとパナソニック、クラウド上で映像制作が完結できるシステムを共同開発
撮影スタジオ/リモートサブスタジオ/データセンター/Kairos(データセンター内)
今回、両社が制作会社に同システムを提供して、事前収録から制作・編集までをクラウド上で行った番組が2020年12月18日より地上デジタル放送で順次放送された。

Previous

凸版印刷、人体情報計測が可能な「トッパンバーチャルヒューマンラボ」を設立

ソニーネットワークコミュニケーションズヨーロッパに見る、IoT通信における「LTE-M」と「NB-IoT」の選択事例

Next