digglue、コンクリート受入管理システムの検査データをブロックチェーン上に記録するシステムを開発

近年、安全意識や環境意識の向上に伴い、他産業でトレーサビリティの取り組みが増えるなか、建設業では施工プロセスのさらなる透明性の確保が課題となっていた。

株式会社大林組では、今までも改ざんを防止・検知する機能をコンクリート受入検査システムに実装していたが、システムの脆弱性を突かれ外部からの攻撃によりデータを改ざんされるリスクがあった。

株式会社digglueは、大林組の建設現場で利用されるコンクリート受入管理システムの検査データをブロックチェーン上に記録するシステムを開発した。

同システムは、建設現場のコンクリートを受け入れる際にコンクリート受入検査システムへの測定値や写真などの検査データを記録し、データベースにアップロードする。それと同時に、データのハッシュ値(※)をブロックチェーンに書き込む。そして、コンクリート受入検査システムのデータから再作成したハッシュ値とブロックチェーン上のハッシュ値を突合し、一致すれば改ざんがないことを証明できる。

一方、一致しなかった場合には同システム上に記録された変更履歴とブロックチェーン上のハッシュ値を照らし合わせることで、改ざんが発生したタイミングを追跡することが可能となり、検査履歴の透明性の向上が期待できる。

digglue、コンクリート受入管理システムの検査データをブロックチェーン上に記録するシステムを開発
同システム画面(信ぴょう性確認時)
※ ハッシュ値:元になるデータから一定の計算手順により求められる固定長の値。ハッシュ値から元のデータを算出することが極めて困難であり、元データの変更によってハッシュ値が大きく変化するため、改ざん検出が可能。

Previous

NEC、風水害時の人流・SNS分析によるリアルタイム防災マップシミュレーションの実証実験を実施

さくらインターネットの衛星データプラットフォーム「Tellus」、衛星・地上データのマーケットが本格始動

Next