フォトシンスと美和ロック、住宅用スマートロックの合弁会社「株式会社MIWA Akerun Technologies」を設立

デジタル化が生活に普及した現在、消費者の生活行動様式も大きく変化している。

株式会社Photosynth(以下、フォトシンス)と美和ロック株式会社は、住宅向けスマートロック及びシステムの企画・開発・販売を展開する合弁会社「株式会社MIWA Akerun Technologies」を2021年1月に設立する。

合弁会社では、「Akerun」に代表されるクラウド鍵(キー)の開発力やサブスクリプション・ビジネスにおけるノウハウを持つフォトシンスと建築用錠前メーカーである美和ロックの強みを活かし、スマートロックを通じた住宅向けサービスを開発していく。資本金は5千万円で、出資比率はフォトシンスが51%、美和ロックが49%としている。

Previous

農研機構・立命館大学・デンソー、自動果実収穫ロボットのプロトタイプを開発

GSユアサとNTT Com、AIを活用した蓄電池システムの故障予兆検知技術を開発

Next