シュナイダーエレクトリック、エッジデバイスにも対応可能な産業用コンピューターシリーズ「PS6000シリーズ」を発売

あらゆる業界でDX推進のパラダイムシフトが起こった2020年、製造現場でもこれまで以上にIoT・リモート監視のためのデジタル化の必要性が高まっている。

シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社は、プログラマブル表示器のブランド「Pro-face by Schneider Electric」(以下、Pro-face)の新しい産業用コンピューターシリーズ「PS6000シリーズ」を2021年1月8日より発売開始する。

PS6000シリーズは、HMI用途とエッジデバイス、どちらの環境構築にも対応した機能・性能を備えた産業用コンピューターで、Intel第8世代のハイパフォーマンスCPUなどのコンピューティングと、産業オートメーション用ソフトウェアのAVEVAのソフトウェアや、シュナイダーエレクトリックのEcoStruxureソフトウェアとの親和性を備えることで、エッジに求められるデータ処理から大中規模SCADAシステム用のライン制御監視まで、様々な用途に対応する。

また、Pro-faceブランドとして実績のあるHMIソフトウェアとの組み合わせにより、生産現場内の200種類以上の様々な制御機器と簡単に接続できるドライバーを持ち、製造機械や設備のユーザビリティーの向上などに貢献でき、HMIとエッジの両面から製造現場のDX推進に寄与する。

さらに、PS6000シリーズは日本国内設計による製品品質だけでなく、CPUの種類やディスプレイの有無、メモリーなどの様々なオプションから用途に合わせた構成をウェブ上のコンフィグレーターから自由に選択することもできる。加えて、IEC62443、Achillesに準拠したサイバーセキュリティー設計や注文後最短5営業日で配達可能なデリバリー体制を備えている。

サポートの面においても、国内自社拠点での修理対応や製品カスタマイズ、キッティングサービスなど企業のニーズに合わせたサービスを提供するという。欧州・アジア・北米でも日本国内と同等のサービスが可能なため、海外に出荷する装置のアフターサービスにも対応している。

Previous

IDC、2020年の国内IT市場の支出額は前年比6.3%減となるが2021年には前年比2.9%増で回復すると予測

キヤノンMJ、ネットワークカメラを活用してコロナ感染拡大防止を支援する「医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ」を提供開始

Next