ハカルス、外観検査AIを手軽に試験導入・検証できるスターターキット「SPECTRO GO」を提供開始

株式会社HACARUS(以下、ハカルス)は、独自のスパースモデリング(※)技術を活用して外観検査AIソリューションを提供している。ハカルスの外観検査AIは、大量のデータ(ビッグデータ)を必要とせずディープラーニングの1/100・1/1000のデータ量でも分析することができる。

また、検査異常の有無だけでなく異常箇所を判定した理由を説明することができ、サンプル数が少なく・不良品データのない新製品、安価・軽量な機器でも分析ができる。さらに、AIを稼働させるための消費電力がディープラーニングに比較して1/100以下であるほか、工業製品やIoT機器・エッジ端末への組み込みが可能である。

このほど、ハカルスは外観検査AIを手軽に試験導入・検証できるスターターキット「SPECTRO GO」を提供開始した。

トップ画像は木の板の外観検査におけるSPECTRO GOの使用例である。ディープラーニングと比べてより少ない教師データ(サンプル数)でAIを作り、不具合や欠損を検出する。これまで作業員が請け負っていた検査の量を削減することにより、製造現場の効率化・自動化に貢献する

SPECTRO GOには、評価ライセンス6ヶ月分に加え、CPUボードメーカーcongatecのCPUボード搭載のBOX PC、検査スタンド、外観検査用カメラ等が含まれている。小型のBOX PCとカメラを接続し、カメラで分析対象の画像をサンプリングするだけで外観検査を実施することができるため、外観検査用の設備がない企業やAIエンジニアがいない企業であっても手軽にAIソリューションの試験導入を行える。

なお、SPECTRO GOの提供価格は100万円(税抜)で、6ヶ月間の検証後に継続利用する場合は別途ライセンスの購入が必要となる。

※ スパースモデリング:スパースとは「まばらな」という意味で「物事の本質的な特徴を決定づけるのは一部の要素だけである」という性質(スパース性)を利用した技術がスパースモデリングである。スパースモデリングを活用することで「データが不足している状態でも分析ができる」「分析の時間やコストを圧縮できる」などのメリットがある。

Previous

キヤノンMJ、ネットワークカメラを活用してコロナ感染拡大防止を支援する「医療機関向け遠隔モニタリングパッケージ」を提供開始

アクセンチュア、ブルーエアにクラウドベースの新IoTプラットフォームとデジタル技術を活用した製造プラットフォームを提供

Next