IoT NEWS

ノキアとGoogle Cloudが協業、クラウドネイティブの5Gコアソリューションを共同開発

現在、グローバル展開している通信事業者はネットワークのエッジ部分で、企業顧客に対し5G接続と高度なサービスを推進することで新しい収益化の機会を引き出し、一般ユーザーに対しては、新しいデジタル体験を提供することができる。

ノキアとGoogle Cloudは、通信事業者のネットワークインフラを最新化し、クラウドネイティブ5Gコアの基盤を構築し、企業向けビジネスサービスプラットフォームとしてのネットワークのエッジを進化させることが目的として、グローバルで戦略的なパートナーシップを締結したことを発表した。

このパートナーシップの下、ノキアとGoogle Cloudはクラウドネイティブのネットワーク機能を検証、最適化、進化させるために緊密に協力し、通信事業者が大規模な5G接続とサービスを提供できるように、新しいソリューションを共同で開発する。

同開発では、ノキアの5Gオペレーションサービスとネットワーキング機能に、Google CloudのAI、機械学習、アナリティクスのテクノロジーを組み合わせる。パブリッククラウドとプライベートクラウドを横断して、ネットワークエッジへとワークロードをシフトするプラットフォームとしてGoogle CloudのAnthosを利用するとのことだ。

また、今回の共同開発の一環として、ノキアは音声コア、クラウドパケットコア、NEF(Network Exposure.Function)、データ管理、シグナリング、5Gコアを提供している。自動化されたゼロタッチのアクティベーションを可能にし、IoTデバイスのリモート管理を可能にするノキアのIMPACT IoT Connected Device Platformや、通信事業者が5Gエコノミーから新たな収益機会を獲得できるNokia Converged Chargingソリューションが含まれている。

Google CloudのAnthos for Telecomは、アプリケーションを実装するためのプラットフォームとして機能する。これによって、通信事業者がネットワークのエッジからパブリッククラウド、プライベートクラウド、キャリアネットワークまで、どこからでもサービスを実装できるエコシステムを構築できるようになる。

エッジ側でクラウドネイティブアプリケーションを提供することで、企業は通信遅延を低減し、コストのかかるオンサイトのインフラの必要性を減らすことができ、スマートリテール、コネクテッド・マニュファクチャリング、デジタルコンシューマ体験などの業界でビジネス変革につながるとのことだ。