フォトシンスとJR東日本スタートアップ、Suicaを活用したスマートビル入退館システムの実証実験を開始

株式会社Photosynth(以下、フォトシンス)とJR東日本スタートアップ株式会社は、Suicaを活用したスマートビル入退館システムの実証実験を2021年2月1日から開始する。

同実証実験は、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)本社ビルの受付で実施され、訪問者は、事前の発行者からのメールにSuicaのIDを入力することで、来館当日に受付に立ち寄ることなく入館することができる。

また、一度登録したSuicaは次回以降、発行者に招待してもらうだけでスムーズに入館することが可能になる。

フォトシンスのアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence」をスマートビル入退館システムの認証基盤として使用している。

同実証実験では、JR東日本社員を対象とし、支社などで働く社員の本社来訪シーンにおけるビル入退館の体験向上を検証するとしている。

Previous

日立、再生可能エネルギーの使用状況を見える化するシステムを開発

IoT人気記事ランキング|パナソニックが開発者向け「Vieurekaカメラ スターターキット」を発売開始など[1/18-1/24]

Next