アラクサラ・シスコ・NEC、重要インフラ向けネットワーク機器の高い信頼性を実現する戦略的協業を開始

国民生活や社会経済活動を支える重要インフラにおけるネットワークシステムには、それらに重大な影響を及ぼすことなく、重要インフラサービスの安全かつ持続的な提供が求められている。

現在、サイバー空間における脅威が深刻化しており、サプライチェーンをより信頼性が高いものにするとともに、サイバー攻撃等による障害発生を可能な限り低減させ、高度に複雑化する情報システム要件を満たすネットワークシステムを効率良く運用・管理することの重要性も増している。

アラクサラネットワークス株式会社(以下、アラクサラ)とシスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)および日本電気株式会社(以下、NECは、日本の重要インフラに向けた情報セキュリティ対策における戦略的協業を開始した。

同協業により、アラクサラは日本国内においてシスコ製ネットワーク機器の真正性(※)を確認し、アラクサラ製ソフトウェアを組み合わせてソリューション化し販売、さらにNECがセキュリティ技術やNEC製品との組み合わせソリューションを加えて顧客に提供することで、ネットワークシステムの健全性・機能性・管理性の強化に取り組み、重要インフラの情報セキュリティ対策に寄与するとしている。

具体的には、アラクサラがCisco NCS 5500, 560および540の真正性確認や連携するアラクサラ製ソフトウェアの開発を行い、Cisco NCS 5500/560/540 Trusted by ALAXALAとしてNECに提供する。NECは2021年4月以降順次ネットワークシステムとして顧客向けに販売提供を開始する。当面はNECから顧客向けに販売し、引き続いてその他のアラクサラの販売・保守パートナーを通じて販売する。

同協業を通じて、シスコはグローバルに展開しているルータ製品をアラクサラに提供する。アラクサラは日本の重要インフラを担う企業や機関の信頼性を含めた高度なニーズに適合するために、製品の真正性の保証、シスコのAPIを利用した日本向けソフトウェアのカスタマイズ、およびNECと連携したローカルサポートを提供する。

NECは、ブロックチェーン等のセキュリティ技術の提供、製品のプロモーションと再販、およびNEC製品との組み合わせソリューションを提供する。ターゲット市場は、電力、道路・鉄道、政府・自治体、通信事業者といった重要インフラを担う企業や機関としている。

また、製品の製造から顧客のネットワークシステムで稼働するまでの一連のサプライチェーンにおいて、シスコから出荷された製品の真正性をアラクサラにて強化・確認するセキュアサプライチェーンマネージメントによりネットワーク機器の安心・安全を担保するという。

将来的にはアラクサラのセキュリティ・運用管理技術およびNECのセキュリティ技術と連携させることで、運用中のネットワーク機器の脆弱性等を標的としたコードインジェクション等による不正命令実行・プログラム改変等を監視し、よりセキュアな運用管理ができるソリューション提供を目指すとのことだ。

さらに、アラクサラのセキュリティ/運用管理ソリューションをCisco NCS 5500, 560および540の基本ソフトウェアIOS XRのAPIを利用して連携させ、ネットワークシステムの状況の迅速な把握・運用支援を可能とする。

※ 真正性(Authenticity):ネットワーク機器などが、メーカーが設計、製造した状態から意図せず改変されていないこと。

Previous

PTCジャパンと飛島建設、AR技術「Vuforia Studio」を用いたBIMデータの有効活用により建設現場DXを支援

DIC、容易に設置・移設可能なやわらかIoT環境無線センサー「ハッテトッテ」の受注を開始

Next