タカショーが庭のIoTシステム「GEMS」を拡張、気象情報と連動し水やりを最適化する「潅水システム」をリリース

ガーデンライフスタイルメーカーである株式会社タカショーと照明事業を担う株式会社タカショーデジテックが提供する、庭のIoTシステム「GEMS」では、専用アプリを通じて庭のセキュリティを守る「ネットワークカメラ」、打ち水効果で涼しい庭をつくる「ウォータールーバー」、庭の光を自在に演出する「ライト」を展開している。この他にもサウンドシステムや屋外用ヒーターをラインアップするなど、様々な庭のIoTを展開してきた。

このほど、GEMSの拡張展開として、気象情報と連動することで植物に最適な水やりを自動で行える「潅水システム」をリリースした。

潅水システムは、GEMSアプリで登録した設置場所の緯度経度情報から、住まいの地域の気象情報を自動で取得する。天候や気温など指定した条件をもとに自動で判断するため、不要な水やりを行わずに済む。
タカショーが庭のIoTシステム「GEMS」を拡張、気象情報と連動し水やりを最適化する「潅水システム」をリリース
また、日の出・日の入り時刻も自動取得するため、季節で変わるこれらの時刻をもとにした水やり時刻の設定も可能である。多量の水を好む植物には1日に複数回の水やりや、乾燥を好む植物には隔日や曜日ごとの水やりなど、植えられた植物に応じた設定にも対応する。

タカショーが庭のIoTシステム「GEMS」を拡張、気象情報と連動し水やりを最適化する「潅水システム」をリリース
タイマー機能 イメージ
さらに、GEMSはローボルトシステム(※)で動作するため、ローボルトライトと同様に電気工事士資格がなくても安全に施工できる。家庭のWi-Fiルーターを通じてインターネットと繋がり、水やりのON/OFFを管理する。
タカショーが庭のIoTシステム「GEMS」を拡張、気象情報と連動し水やりを最適化する「潅水システム」をリリース
タカショーが庭のIoTシステム「GEMS」を拡張、気象情報と連動し水やりを最適化する「潅水システム」をリリース
一般的な灌水システムとの比較 イメージ
GEMSアプリの水やり機能に併せて、ホースからの水を制御するウォーターバルブスイッチとポンプ部品のセットや散水のための部材を新たに発売する。自動運転の潅水システムがタカショーで揃うようになった。専用のウォーターバルブスイッチが取り付けられる部材であれば後付けも可能だ。
タカショーが庭のIoTシステム「GEMS」を拡張、気象情報と連動し水やりを最適化する「潅水システム」をリリース
灌水システム 部材
※ ローボルトシステム:専用ダウントランスを中心にローボルトLED照明器具や配管アイテム、分岐アイテム、結線アイテムなどを含めた屋外用ローボルト機器のシステム。

Previous

凸版印刷とSOSO H&C、小型・軽量のイヤホン型脳波デバイス「b-tone」を開発

スマホで操作できるドローンで架橋の点検業務を効率化、働き方改革につなげる -ジャパン・インフラ・ウェイマーク 代表取締役社長 柴田巧氏 インタビュー

Next