NEC・NTTグループ・富士通・AGCなど、5Gソリューション展開をめざしたコンソーシアムの設立に向け基本合意

グローバル市場に活路を見出す企業にとって、海外拠点のDXの推進は急務となっている。

株式会社ACTIVIO、AGC株式会社、Advanced Wireless Network Co., Ltd.(以下、AIS)、EXEO ASIA Co., Ltd.、富士通株式会社、Loxley Public Company Limited(以下、Loxley)、Mobile Innovation Co., Ltd.、日本電気株式会社(以下、NEC)、NECネッツエスアイ株式会社(以下、NESIC)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)、株式会社NTTデータ経営研究所、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、およびNTT Limited(以下、NTTLtd.)は、海外に拠点を持つ法人客に、ローカル5Gなどのプライベート網を通じて5Gソリューションを提供することを目的としたコンソーシアムの設立に向けて基本合意したことを発表した。

同コンソーシアムを設立し、コンソーシアムに参加するパートナー企業のネットワーク技術や販売網などの強みを連携させることで、海外に拠点を持つ企業向けに、独立かつ柔軟性のある安定したプライベート網を構築することが可能となる。加えて、ソリューション提案、システム導入やマネージドサービスまでを含めた各種サービスをワンストップで提供する。

また、ドコモがこれまで取り組んできたO-RANの高い拡張性とオープンインターフェースなどのメリットを活用することで、国ごとに異なる周波数への対応や様々なベンダーが提供する機器間の接続を実現し、企業へ柔軟かつ最適なローカル5Gネットワークを提供することが可能になるという。

同コンソーシアムでは、第1段階として、多くの製造業・建設業関連の企業が拠点を構えるタイにおいて、2021年下半期頃に実証実験および商用サービスの開始、2022年に商用のローカル5Gネットワークや5Gソリューションの提供を目指している。今後も、DXのニーズがある製造業が多いアジア太平洋地域を中心に対応地域を拡大していく予定としている。

なお、同コンソーシアムにおける各社の役割は以下の通り。

  • ACTIVIO:無線機器の認証申請、輸入代行、認証ラベルの手配、および無線ビジネスライセンスの取得手続き
  • AGC:ミリ波を中心とした軽量・省スペース・高意匠なアンテナと屋内カバレッジ改善ソリューションの提供
  • AIS:通信回線などの提供
  • EXEO ASIA:無線アクセスネットワークを含めたネットワークインフラの現地施工
  • 富士通:ネットワーク通信機器やソリューションの提供および検証サポート
  • Loxley:システムインテグレーションとエンジニアリング
  • Mobile Innovation:顧客チャネルの構築支援
  • NEC:ネットワーク通信機器やソリューションの提供および検証サポート
  • NESIC:工事を含むSI業務全般対応と保守運用
  • NTT Com:顧客チャネルの構築
  • NTTデータ経営研究所:顧客チャネルの構築支援とソリューションの発掘
  • ドコモ:同プロジェクトの取りまとめ、5Gソリューション、無線アクセスネットワークの設計、ORAN準拠ネットワーク装置の統合
  • NTT Ltd.:顧客チャネルの構築
Previous

日立ソリューションズ、3D形状モデル検索に対応した「類似図面検索AIソフトウェア」の最新版を販売開始

2021年 IoT/AI関連展示会・イベント一覧

Next