安川情報システムとCTC、共同で企業のIoT活用を支援

安川情報システム株式会社と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)は、企業のIoTを活用した新規サービスの立ち上げに向けたトータルな支援を、4月1日から共同で開始する。

支援範囲はビジネスの企画からプラットフォームを使用した検証、機能改善、運用までのIoTサービス提供の全てのフェーズだ。製造業やサービス業の企業を中心に提供し、1年間で10社への提供を目指す。

 

安川情報システムとCTCは、IoTクラウドサービス「MMCloud」とアジャイル開発サービス「CTC Agilemix」を組み合わせ、IoTを活用した新規サービスの立ち上げを支援する。

「MMCloud」は、機器からデータを収集し、配置や稼働状況の把握・分析を行う安川情報システムのクラウドサービスで、柔軟なステータス表示、異常データの検知、故障予測などの機能を備え、小規模からの利用が可能。2014年のサービス開始以降、エンジニアリングや産業ロボット、ファクトリーオートメーションなどの産業分野や、スマートシティ、浄水場の公共分野で多くの提供実績がある。

「CTC Agilemix」は、顧客のアイデア創出からアプリケーション開発環境の導入、開発と運用までを一貫して支援するサービス。ハッカソン、アジャイル開発、DevOpsなど、クラウド環境における柔軟なアプリケーション開発手法についてのノウハウを体系化し、開発と運用の2つの段階でお客様の新しいビジネス創出を支援する。

 

企業のIoT活用において、「MMCloud」で機器からのデータ収集や収集したデータの可視化・分析し、「CTC Aglilemix」でハッカソンの開催やアプリケーションの実現性の確認と検証を支援。アジャイル開発を通して早期のサービス開始や継続的な機能改善を実現するという。

 

安川情報システムとCTCの役割

フェーズ 支援内容 役割
安川情報システム CTC
サービス創出 「CTC Agilemix」のハッカソンにより、短期間に新規サービスアイデアを創出 「MMCloud」標準搭載アプリケーションデモ(機器の稼働管理、位置管理等)の提供 ハッカソンの開催
コンセプト確認・検証 「MMCloud」上に標準搭載されたIoTアプリケーションで、早期のコンセプト確認、検証、迅速なサービス開始を実現 IoTプラットフォーム検証環境の提供
「MMCloud」の技術・活用支援
コンセプト確認、検証支援
機能改善・運用 アジャイル開発を導入することで、継続的な機能追加、改善を実施 「MMCloud」 の機能追加、カスタマイズ、運用支援

 

【関連リンク】
安川情報システム(YASKAWA INFORMATION SYSTEMS)
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)

Previous

マッキャンエリクソン、人工知能のクリエイティブディレクター入社

PwCコンサルティング、ハウステンボスとDMM.com、スマートロボットの実証実験を開始

Next