IoT NEWS

ソニーネットワークコミュニケーションズ、AIを活用したスポーツICTソリューション「スマートスイミングレッスンシステム」を開発

一般的にスイミングスクールでは、泳いでる人数の多さに加えて水面の揺れや光の反射・屈折の影響もあるため、画像認識の難易度が高いと言われている。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、映像とAIを活用してコーチングをサポートし、練習効果の向上をサポートするスイミングスクール向けのシステム「スマートスイミングレッスンシステム」を開発した。併せて、株式会社ルネサンスが運営するジュニアスイミングスクールに同システムの導入を開始し、全国のスクールでスマートスイミングレッスンとして順次サービスを展開する。

同システムでは、壁面や水中などプールに複数のカメラを設置して映像を撮影する。生徒は泳いだ直後に、コーチが予め設定した秒数分遡った映像をプールサイドのタブレットで再生することで自分の泳ぎをチェックすることができ、ビジュアルによる気づきや学びにつながる。ソニーネットワークコミュニケーションズ、AIを活用したスポーツICTソリューション「スマートスイミングレッスンシステム」を開発

ソニーネットワークコミュニケーションズ、AIを活用したスポーツICTソリューション「スマートスイミングレッスンシステム」を開発
(左)個人別ページで予習ができる (中)プールサイトのタブレットで自分の泳ぎをチェック
(右)進級テスト結果を動画でお知らせ

また、ソニーネットワークコミュニケーションズが新たに開発したAIアルゴリズムにより、撮影した複数カメラの水面・水中の映像から泳いでいる人を検出し、最適なアングルを組み合わせた動画コンテンツを自動編集し、コーチによる簡単な操作で進級テスト結果やコメント、動画等をクラウド経由で個人別ページに配信できる。

これにより、スマートフォンなどを通じて離れた場所にいる保護者に動画とともに進級テストの結果を届けることができる。そのほか、レッスン前に個人別ページにお手本動画とレッスンのテーマ(めあて)を配信できるため、手持ちのスマートフォンなどから予習ができる。

さらに、グループ指導での運用のしやすさを考慮し、安全配慮が必要なスイミングスクールでもスムーズに操作できるUI/UXを実現した。例えば、レッスン中でも操作しやすい画面デザイン、生徒の操作なく動画再生できるシステムなど、オペレーション負荷を軽減しつつ、より効果的なコーチングを可能にしたという。

ソニーネットワークコミュニケーションズ、AIを活用したスポーツICTソリューション「スマートスイミングレッスンシステム」を開発
(左)レッスンで使いやすいUI コーチは簡単な操作で進級テスト結果記録や配信が可能
(右)グループレッスン
加えて、プール内であることに配慮し、防水対応を施してソニー製小型リモートカメラを設置している。また、水中カメラを独自に開発し、4Kの高画質録画と約4kgという軽量化を実現したことによりコーチが手軽に持ち運ぶことができる。
ソニーネットワークコミュニケーションズ、AIを活用したスポーツICTソリューション「スマートスイミングレッスンシステム」を開発
ソニーネットワークコミュニケーションズ、AIを活用したスポーツICTソリューション「スマートスイミングレッスンシステム」を開発