凸版印刷とコクヨ、5GとIoA仮想テレポーテーション技術を活用してリモートワークを支援する「IoA Work」の試験提供を開始

新型コロナウイルス感染拡大防止のためリモートワークや、密集を回避する「新しい生活様式」が進む中、テレワークをメインにしたセンターオフィスのない職場が増えつつある。また、テレワークを起因とするコミュニケーション不足や生産性の低下、在宅勤務者や取引先とのWeb会議が増えていることから周囲への音漏れや雑音による不快感の軽減に対応することが新たな課題となっている。

凸版印刷株式会社は、バーチャルとリアルを融合した新しい働き方を支援するサービス「IoA Work」を開発し、2021年2月15日より試験提供を開始する。

IoA Workは、凸版印刷が持つ「IoA仮想テレポーテーション」(※1)技術を用いて、利用者が働き場所となるオフィスをリアル空間とデジタル空間から自由に選択し、新しいリモートワークの環境を提供する。

同サービスは、コクヨ株式会社が提供するパーソナルワークスペース「WORK POD」を専用にカスタマイズした「IoA POD」で利用することができる。IoA PODはWORK PODに後付け可能な拡張キットである。曲面ディスプレイなどを用いて没入感を高め、より効果的な遠隔コミュニケーションを実現すると共に、さまざまな場所からオフィスに出社できる。
凸版印刷とコクヨ、5GとIoA仮想テレポーテーション技術を活用してリモートワークを支援する「IoA Work」の試験提供を開始
また、遠隔地のショールーム/オフィスにある分身ロボットやウェアラブルデバイス「IoANeck」を5G通信でリアルタイムに接続し、リモートコミュニケーションを実現したという。テレワークで不足しがちなコミュニケーションを支援する。

凸版印刷とコクヨ、5GとIoA仮想テレポーテーション技術を活用してリモートワークを支援する「IoA Work」の試験提供を開始
「IoA POD」から分身ロボットを操作しているイメージ
さらに、オフィスはデジタルツイン(※2)の概念を元に、凸版印刷が持つデジタルアーカイブ技術により、現実のオフィスと同様の「デジタルツイン・オフィス」がデジタル空間上に再現され、利用者は双方の空間に存在するアバター(利用者の分身)を行き来し、リモートワークを行うことができる。
凸版印刷とコクヨ、5GとIoA仮想テレポーテーション技術を活用してリモートワークを支援する「IoA Work」の試験提供を開始
「デジタルツイン・オフィス」のイメージ
同サービスにより、例えば発売前の商品レビューは分身ロボットで実物確認できるほか、アイディアソンやブレストなどの価値観共有やブラッシュアップはデジタルオフィスのバーチャルアバター同士で行う等に活用できる。

今後凸版印刷は、IoA PODにおいては立体音響や香り、振動などを用いてさらに没入感を高め、よりリアルなオンラインコミュニケーションの取れるデバイスへと改良を進めていき、2021年度春の本格提供を目指す。また、IoA Workを幅広い業種/業界に導入し、2025年度までに関連受注含め約50億円の売り上げを目指すとしている。

※1 IoA仮想テレポーテーション:凸版印刷が2016年より国立大学法人東京大学大学院情報学環 暦本研究室と共同で研究・開発をしている遠隔体験技術。移動距離・時間を超え、現地の人員やドローン等のデバイスを使って自分がそこにいるような感覚での遠隔体験を実現するという。
※2 デジタルツイン:現実空間の工場や製造設備、製品、オペレーションをサイバー空間に再現し、リアルタイムに現実とデジタルを連携したシステム。 デジタルツインは様々なモノやコトをデジタル上に可視化でき、プロセスの最適化や事前予測を実現するなど、さまざまなユースケースで注目されている。

Previous

NTT都市開発・Mira Robotics・ドコモなど、5Gを活用した警備ロボットの実証実験を実施

オートバックスセブン、IoTプッシュボタンを活用したタクシー配車の実証実験を実施

Next