OKI、デジタル図面の活用とデータ管理を統合する「TerioCloud Box連携サービス」を提供開始

沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、デジタル図面活用のクラウドサービス「TerioCloud」の新商品として、「TerioCloud Box連携サービス」の提供を2021年2月15日から開始した。

TerioCloudは、建設業や設備工事業をはじめとするさまざまな企業の図面を扱う現場から紙図面をなくし、タブレット端末でデジタル化された図面の共有をすることで、現場の働き方を改革するデジタル変革ソリューションである。

このようなソリューションを利用する企業には、各所で頻繁に変更や登録などが発生する大量の図面を含む各種デジタルコンテンツを社内で一元管理し、業務の効率化を図りたいというニーズがある。

そこでOKIは、クラウドコンテンツ管理サービスとして多くの企業が利用する米国Box Inc.が提供するBoxサービスと、TerioCloudの間で、データを相互に同期して一元的に利用・管理できる連携サービスを開始した。

同サービスは、TerioCloud上のファイルを自動的にBoxに反映するとともに、Box上のファイルを自動的にTerioCloudに反映する。また、TerioCloudへの反映にあたり、Box上のCADファイルを加筆情報の付加が可能なPDFに変換を行う。

反映の対象となるファイルやその属性、反映のタイミングなどは利用者が指定でき、管理者による各種設定やエラー通知などの機能も備えている。

同サービスを導入することにより、利用者は従来それぞれの現場や部門で日々行っていたファイルの登録や版数管理、利用者への通知などの業務から解放され、登録ミスや登録漏れの削減などの効果も期待できるとしている。

Previous

順天堂大学とシスメックス、AIにおける深層学習技術を用いて血液疾患鑑別が可能な「統合型AI分析システム」を構築

アドバンテック、WISE-2410LoRaWANワイヤレス振動センサのオンプレミスパッケージを販売開始

Next